前回、開封だけで力尽きたので今回は試射から軽い分解までを記事にしようと思う。
 JG WORKSの銃を買うのは初めてなんだが、まあ基本Ver.2だと思うので楽勝でしょう!(^_^)/

 …って思ってたら、何やらやっかいな部分が(やっぱり)あった…

IMG_2289

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング


◆ フルノーマルの初速計測 
16
 とりあえず今回はミニコネクタのままで計測した。
  • マルイ 0.2g プラ
  • リポバッテリー 7.4V & 11.1V
  • ノンホップ&フルホップ
1.7.4V・ノンホップ
IMG_2385
 まずは(たぶん)標準の7.4Vのリポバッテリーを使ってみる。
 ホップアップは全くかけない状態でも弾ポロはなかった。
M16A1 7.4Vリポ:ノンホップ
R 初速 偏差 二乗偏差
1 87.66 -0.022 0.000484
2 87.75 0.068 0.004624
3 88.06 0.378 0.142884
4 88.78 1.098 1.205604
5 87.81 0.128 0.016384
6 88.33 0.648 0.419904
7 86.92 -0.762 0.580644
8 87 -0.682 0.465124
9 87.12 -0.562 0.315844
10 87.39 -0.292 0.085264
合計 876.82   3.23676
平均 87.682    
分散 0.323676   0.324
標準偏差 0.56893   0.568925



2.7.4V・フルホップ
 次は同じバッテリーでホップアップを最大にしてみた。
 1~3発目のバラつきがかなり激しいが、4発目以降はまあまあ落ち着いてきた。
M16A1 7.4Vリポ:フルホップ
  初速 偏差 二乗偏差
1 67.24 0.898 0.806404
2 64.22 -2.122 4.502884
3 66.54 0.198 0.039204
4 65.82 -0.522 0.272484
5 66.14 -0.202 0.040804
6 66.49 0.148 0.021904
7 66.45 0.108 0.011664
8 66.91 0.568 0.322624
9 66.92 0.578 0.334084
10 66.69 0.348 0.121104
合計 663.42   6.47316
平均 66.342    
分散 0.647316   0.647
標準偏差 0.80456   0.80456



3.11.1V・ノンホップ
IMG_2384
 次は現実的ではないかもしれないが、11.1Vを繋いでみた。
 グラフで見るとバラついて見えるが、標準偏差は7.4Vノンホップとあまり変わらない。
 むしろわずかに良いくらい。
M16A1 11.1Vリポ:ノンホップ
  初速 偏差 二乗偏差
1 89.82 -1.069 1.142761
2 91.49 0.601 0.361201
3 91.31 0.421 0.177241
4 91.42 0.531 0.281961
5 90.53 -0.359 0.128881
6 90.77 -0.119 0.014161
7 91.61 0.721 0.519841
8 90.88 -0.009 8.1E-05
9 90.73 -0.159 0.025281
10 90.33 -0.559 0.312481
合計 908.89   2.96389
平均 90.889    
分散 0.296389   0.296
標準偏差 0.54442   0.544416



2.11.1V・フルホップ
 次に11.1Vでホップアップ最大値。
 これは尻上がりに初速が上がっていくという感じ。

M16A1 11.1Vリポ:フルホップ
  初速 偏差 二乗偏差
1 64.41 -2.619 6.859161
2 65.39 -1.639 2.686321
3 67.83 0.801 0.641601
4 66.67 -0.359 0.128881
5 67.49 0.461 0.212521
6 66.89 -0.139 0.019321
7 67.41 0.381 0.145161
8 67.93 0.901 0.811801
9 67.69 0.661 0.436921
10 68.58 1.551 2.405601
合計 670.29   14.34729
平均 67.029    
分散 1.434729   1.435
標準偏差 1.1978   1.197802



◆ 初速チェックのまとめ
・ホップアップ
 ノンホップとフルホップの状態を見るとフルホップの時の方がかなり初速のバラつきが大きい
 弾速が落ちるのはわかるのだが、ここまでバラつきが大きいとホップを強く掛けるロングレンジほど弾道が安定しないことが推測される。
 この辺りにチューニングのポイントがありそうだ。
 チャンバーパッキンの交換が必要かもしれない。

・バッテリー電圧
 バッテリー電圧を変えた場合、ノンホップで3.5%、フルホップは1%の弾速の変化があった。
 多少弾速は上がるが、ピスクラ・リスクを背負ってまでやるこっちゃないと思う。
 バッテリー電圧を上げるだけのお手軽スープアップはとるリスクほど効果がないという結果だ。

◆ チャンバー部分の分解 
 中華ガン・チューニングのキモの一つであるチャンバーパッキン。
 今回もホップアップの掛け方で弾速が不安定になってたので分解して状態を確認したするために分解してみた。

1.レシーバの上下分解
 まずはレシーバ部分の分解。
 この銃はレシーバを上下分解するとバレルにアクセスできる。

IMG_2393
 レシーバを上下に分解するには前方のレシーバピン(本来ならテイクダウンのピボットになる方)を抜くだけ。
 写真では間違えて後ろのテイクダウンピンも抜いてるが、レシーバを分解するだけなら後は抜く必要がない。

IMG_2394
 するとあとはアウターバレルからインナーバレル、チャンバー部分が抜ける。

IMG_2395
 で、チャンバー前方のC型クリップを抜けばインナーバレルはチャンバーから抜ける。

IMG_2396
 ホップアップ調整ダイヤル側はこんな感じ。
 どちらにもチャンバーの分解がやっかいな内側が星形になったワッシャで固定されている。
 この辺りに中華テイストが炸裂している。
 このワッシャ、組むときは押し込むだけで簡単なんだが、分解のことはほぼほぼ考えていない。
 この辺を触るならチャンバーごと社外品に交換した方が良いと思う。

IMG_2397
 クリップを外すとチャンバーパッキンごとインナーバレルが抜ける。

IMG_2398
IMG_2399
 このチャンバーパッキン。
 プラスチックというか軟質ビニールのような素材。
 現状では問題ないかもしれないが、早晩擦り切れてきそうな予感がビシバシ…

IMG_2400
 インナーバレルも掃除してみた。
 まだほとんど売ってないのにペーパータオルはこのありさま。

◆ マルイの純正チャンバーパッキン登場
IMG_2401
 ここまでバラしたついでやから手持ちのマルイの純正パッキンに交換してみよう。

IMG_2402
 上の光ってる方がストックのパッキン。
 下がマルイの純正パッキン。
 ちゃんとゴム製の手触りのマルイ製と違い、ストックのパッキンはやたらプラスチッキー…

IMG_2403
 で、チャンバーパッキンを交換するだけなのにこれがやたら手間取った!
 というのもこのハメ殺しのワッシャのおかげでチャンバーを割れんため、ホップアップの押しゴムを戻すのに手間取ったのよ…

◆ 弾速が出ない! 
 しかも苦労して元の姿に組んだのだが、弾速が全く出ない!
 ノンホップでも60そこそこしか出ない。
 どうもマルイのチャンバーだとBB弾に対するミューが高いのか、ビミョーにサイズが違うのか、全くスピードが出んのよ。
 シリコンオイルやグリスを入れてもあまり改善せん…

 しょうがないのでまたノーマル状態に戻した。
 押しゴムを戻すのに苦労しながら…

◆ チャンバー交換決定! 
 現状でもとりあえずはそれなりに使えるのだが、まともに使おうと思えばチャンバーとパッキンの交換は必須だと思う。

◆ JG WORKS M16A1 Vietnamのまとめ 
・良かった点
1.フルサイズのエム・イチロク!
 ナム好きなら血沸き肉躍るフルサイズのM16(エム・イチロク)は、カービン全盛の現代の主流にはなれないので適合するモデルを探すのも一苦労だし、それが欲しいときに市場にあるかどうかも不確定。
 ちょうどJAC M16を手放した心の穴にガッチリハマったこのJG WORKS M16A1 Vietnamは価格を考えると満足している。

2.意外とまともな実射性能
 こういっては失礼だが、当初この銃の実射性能はあまり期待していなかった。
 あくまでカスタム・ベースとしてとらえていたのだが、意外と実射性能は素直で良かった。
 まだロングレンジでは試せてないが、自宅の8mレンジなら10センチ前後のグルーピングを示す(写真撮り忘れた。つんまてん)。

3.けっこう軽量で疲れない
IMG_2392
 フルサイズのフルメタルボディなのにかなり軽量。
 マガジン・バッテリーを搭載しない状態で2,730gだ。
 射撃可能状態にしても3㎏無い状態だ。
 この重量なら1日使ってても疲れないし、長い銃身も軽量なら取り回しも楽だ。

4.強い首回り
 フルメタルボディとしっかりしたデルタリングのおかげで、マルイスタンダードM16/M4系でよく言われている首周りの弱さは皆無だ。


・気になった点
1.黒い!黒すぎる!
 M16フリークならだれでも感じるこの黒さ!
 M4流用パーツが多いので仕方ないっちゃあ仕方ないのだが、この黒さはちょっと萎えポイントだ。
 塗装してぇ…

2.プラスチッキーなストック
 以前持っていたJAC M16のストックのイメージ(グラスファイバー製)がありすぎるのかもしれないが、ストックがちょっとプラスチッキーで安っぽすぎて萎える。
 もう少し樹脂の厚みを付けて欲しかった点だ。
 ここもA1タイプを見つけて交換かなぁ…
 でもそうするとたぶんバッテリー交換がめんどい…

3.流用品が多すぎる点
 価格を考えると仕方ないのだが、手持ちのあり合わせを組み合わせ、三又ハイダー付けときゃベトナムっぽくなるっしょ!感が満載過ぎて萎える…

4.結局G&Pより高くつくかも…
 JG WORKS M16A1 Vietnamの良いところはG&Pより1万円ほど安いところ。
 ただ、それに近づけようとするとおそらくG&Pより高くつくと思うし、造形的にもすっきりすると思う。
 なので、こいつはあくまで”なんちゃってナム”的に雰囲気を楽しむものと割り切れる人におススメ、ってことになる。

 自分もあまりリアルさを追い求めず、これに関してはチャンバーやバレル周りでゲームでの使いやすさとメンテのしやすさを中心にいじっていこうと思う。

 でも、やっぱ塗装はしたいよなぁ…

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング