いろいろ紆余曲折はあったけど、無事東京マルイ GLOCK19が発売日に入手できた。
 マルイはマルイで自社の運営に一定のルールがあるのかもしれないが、これほど発表から長々と発売を引っ張って市場を焦らせておいて「当社の生産計画は最初から決まってます。増産は出来ません」といわれてもちょっと…と思ってしまう。
 メーカーはそれを言いっぱなしで良いけど、それに対応する小売店の人がかわいそうだよね。

 まあ、気を取り直して、発表から数年越しで発売されたGLOCK19についてレビューをしていこうと思う。
IMG_3389


ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ 開封&外観レビュー 
 もう何年越し?って憶えてないくらい発表から年月が経ってしまった…
 海外勢の新製品ラッシュを見ていると会社の勢いの差を感じてしまう。
 G&GやS&Tなんて、1機種リリースするときに一気に長いの短いの、ブラックとタンカラーで計4~6製品リリース、なんてこともザラなのに、マルイさんはHK416デルタの色違いを出すだけでもリリース時期が判然としないアレっぷり…
 ガチガチの生産計画と言われてるわりにバンバン発売が遅れてガスブロを冬直前に出す始末…
 MTRなんて夏前に出せばもっと歓迎されただろうに…(そもそも3月発売の89式GBBが夏前になってる時点でダメ)

 そもそもできもしないのに発表だけ先にやって青田買いをしようって姑息なことはやめた方が良いと思う。

 まあメーカー批判はこの程度にして銃を見て行こう。
1
 まずは開封。
 パッケージはまあいつものマルイ流ってことでG19用に仕上げられてるけど特段の驚きはない。

2
 附属品はセーフティキャップ、フォロアストッパ、クリーナロッド、試射用BB弾といつも通り。

・全体像
3
 パッと見はこれまでのグロックシリーズと比べてそんなに違いはない。
 この辺、ここまで引っ張ったのならGen.6とかしてくれればファンも大歓迎しただろうに、少々旬を外してしまった感は今年冒頭のUSPと同じく…

IMG_3397
 刻印はキレイに入っている。
 スライドの質感は艶消しの金属感をうまく出してポリマーフレームとの差をうまく表現してると思う。

IMG_3398
 コッキングセレーションも適度な表現。
 この辺はもうグロックを作り慣れた感が出てる。

5
 グリップの造作も作り慣れたGen.3のグリップだ。
 手になじむジャストフィット感は19ならではの美点だと思う。

IMG_3416
 このグロック19のポイントが高いのはマガジンボトムとグリップエンドのすき間が再現されているところ。
 ここはKJ-WORKSでは再現されていなかった。
 VFCは再現されてたけどね。

7
 排莢口付近にはロゴとシリアルナンバーっぽい刻印。
 チェンバーカバーにもロゴと9×19の刻印がある。

9

 一応エキストラクタは金属製別パーツらしいがあまり立体感がないのでイマイチそれっぽくない。
 他のグロックと比べるとたしかに違うけどね…
 一応手持ちのG19を並べてみた。
 上からKJ-WORKS、VFC(未レビュー)、マルイの順。
 一番別体感が出てるのはVFCだと思う。
 KJは一目でモールドとわかるが、マルイのは言われてよく見ないと別パーツに見えない。
 ちょっと残念ポイント…

 この3機種の比較レビューは後日やろうと思う。

IMG_3405
 マルイお約束の萎え刻印…
 削り取ってKJ-WORKSの立体強化デカールを張るというワザがあるがそのうち検討しよう…

IMG_3406
 マズルは真鍮のインナーバレルがちょっと見える。

IMG_3402
 サイトピクチャはこんな感じ。
 安定のグロック感。
 エッジも立っていて見やすいと思う。
 スライドカバープレートは別パーツの樹脂製になってる。ここも売りらしいが個人的にはどっちでもいいかな…

◆ 通常分解 
IMG_3412
 通常分解してみた。
 新品のせいかもしれないが、ちょっとスライドが外れにくかった。

10
 スライド裏はオイルがギトギトw
 この個体はスライドの動きはスムーズな方で、マックさんのライブ動画のような引っかかりはほとんど出なかった。

・ホップアップダイヤル
11
 今回ホップアップダイヤルはスライドを外さなくてもできるのが売りだが、基本的機構は従来と変わりなく、チェンバーブロックを少しくぼませてダイヤルを露出させて操作可能にしている。
 たしかに外から操作できなくもないが操作はけっこう硬い。
 爪が折れそう…

・重量
IMG_3417
 重量は単体で398g。

IMG_3418
 マガジンは空状態で247g。

IMG_3419
 本体・マガジンで645g。

maruig19_maruimag
 試射もしたけどちょっと長くなってきたので次回にしようと思う。

 で、次回はKJ-WORKS、VFCのマガジンの互換性や初速の違いなどを比較しようと思う。
 結論から言うとけっこう違いがあった。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

ランキングも自重で落下(泣)するけど

これからの時期はガスガンの初速も落ちます…(´・ω・`)