AKS-74UNに続くクリスマス増備計画第2弾はリアルシェル・ショットガン、マルゼン M870だ!
 しかも今回はリアルウッドストックのエクステンションカスタムだ。
 これはずっと欲しかったのだが、なんせマルゼン製品は1ロットの生産数が少ない!
 しかも再生産スケジュールをあまり予告しないからうかうかっとしていると知らん間に予定数終了になってたりする。

 特にこのリアルシェル・ショットガンシリーズは明らかに需給バランスが悪く、その中でもウッドストックはとりわけ少ないような気がする。
 マルゼンはワザとブロックバスター(供給を極端に少なくすることで市場に渇望感を出すこと)をやってるんやないかと訝るくらいだが、聴くところによると単純に生産力の問題だそうだ。
IMG_4629


ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング


◆ サプライズ再生産 
 そもそも、AKS-74UNもクリスマス増備計画には入ってなかった。
 もっと早くに入手予定やったのに遅れに遅れてこの時期になったわけやけど、このM870は逆に突然再生産のニュースが飛び込んできた。

 M870は前回再生産(2018年春)で買いそこなってたので、今回11月ごろにノーマルモデルの再生産がアナウンスされたときには思わず飛びつきそうになった。

 自分のニュースソースはホビーショップ・フロンティアの山中社長がマックさんの動画の中で話す内容がほとんどなんやけど、ホンマはエクステンションバージョンが欲しかった。
 で、どうしようかと迷ってたら間もなくEXバージョンも再生産の情報がマックさんと山中社長の雑談の中で出てきたので今回入手の運びとなった。

 なので冬場はウィンタースポーツに軸足が乗るので増備するつもりはなかったんやけど、予定外の大規模クリスマス増備(長物2丁、ハンドガン2丁:P99&VP9=ともに未レビュー)となった。

◆ 細いけど長いパッケージ 
 パッケージはダンボール箱にステッカーを貼っただけのそっけな…ゲフンゲフン(゚Д゚)ノ…シンプルなもの。
IMG_4630
 マルゼンのパッケージは比較的コンパクトなものが多い。
 ってか、マルイのパッケージがムダにデカい。
 なのでマルイに慣れた人にとってはマルゼンや海外モデルのパッケージはシンプルでコンパクトで新鮮に感じる。
 にしても長い!
IMG_4633
 銃自体が長いからしょうがないんだが、横に入れようと思うとかなり引かないと画角に入り切らない。

2
 ある程度質感がわかる写真にしようと思うと2分割くらいしないとアカン感じ。
 内装の発泡スチロールは2分割式。

◆ 迫力のエクステンションバレル&チューブ 
IMG_4634
 このマルゼンM870にはノーマル仕様とロング仕様がある。
 ノーマル仕様はバレルが少し短く、シェルチューブは先台のところまで。
 なので装弾数は4+1発。
 でもこのエクステンションカスタムはバレルを延ばし、そのバレルのマズルまでシェルチューブを延ばし装弾数は7+1発となる。

 コイツをサバゲに使うなら装弾数は多い方が良いのだが、シェル紛失のリスクを冒してまでコイツを実践投入することはたぶんないと思う。
 なのでノーマルモデルでもいいか、と思ってたんやけど、その矢先にエクステンションカスタムリリースのアナウンスがあったのでこっちにしたんよ。

 ノーマルのスタイルも好きやけど、この長すぎるアンバランスボディが良いと思うのは巨乳好きと同じか?(←自分はそんなには巨乳好きやない笑)

 このエクステンション部分はオプションとしてカスタムパーツ販売もしていたようなんやけど、今は単体販売はしていないみたい。
 まあ、それよりも予備シェルを再生産して欲しいね~(←M1100の時に3セットほど買ったけど…)
 なんで3発しかシェルを付けてくれんねやろ?
IMG_4645

◆ 外観レビュー 
・マズル部分
3
 まずはマズル部分。
 この途中のバンドから先のバレルと先台より先のシェルチューブがエクステンションカスタム部分。
 このマズルと並行して延びるシェルチューブはパイソンのロッドハウジングのようにバレルをいかつく見せてると思う。

・先台部分
4
 ウッドストックモデルの萌えポイントのポプラ材の先台(フォアハンドル)。
 やっぱり手で触る場所は樹脂より木が良いねぇ…
 M1100の時はウッドストックバージョンが買えずブラックバージョンにしたんで、M870は絶対にウッドストックにしようと思ってたんよ。
IMG_4646
 このセレーション部分の質感も上々。
 手になじむ。

・レシーバ
5
 レシーバは樹脂製のようだ。
 表面の仕上げが良いのとウッドストックの方に目が行くので特に外観上記にならない。充分リアルだと思う。
 トリガー周りは金属製だ。

・ウッドストック
6
 そしてこのストックがこの銃の最大の萌えポイント!
 オイルステンをしみこませたような深い風合いのウッドストックは所有欲をビシバシ刺激する!

IMG_4643
 この深い色合いはAKMのような合板とも違うし、AK47(APSのは単材製)のような明るい色とも違う。
 バットプレートはラバー製でガスタンクと一体化してる。
 ガスタンクもなかなか単体再生産をしてくれんけど、M1100と共通パーツのようなのでそちらとの使い回しをすれば冬場の冷えにも対応できそう。
 どうせお座敷専用やろうし…

◆ 実射レビュー(は無し) 
IMG_4644
 ところで今回、実射はしていないので実射レビューはない。
 もう、装填・排莢だけで遊び過ぎて「別に実射せんでもエエやん」って気になってもうてまだ実際に弾を込めて撃ってないんよ。
 ガス入れて撃つんならM1100の方が面白い。

 いろんな人がこの銃についてはおんなじこと言うてるけど、
「この銃はシェル装填・排莢だけでご飯3倍!」ってのが実際にジャコッ!ってフォアハンドルを引く音を聞くとよくわかる。

 でもそのうち実射レビューも使用と思ってるので乞うご期待?

最後まで読んでくれてありがとう!

ランキング同様排莢シェルは自重で落下します

失くすと次の再生産が不明なので失くさないようにしましょう(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング