まいどです。
 Bravo1です。

 相変わらずBOLT AKS74UNのアウターバレルは苦労してます。
 モノタロウから工具は買ったんやけど作業時間が取れずに放置プレイ中。

 なぜ時間がないか?
 それは前々から気になっていたカーボネイト M45CQP CO2 GBBを買っちゃったからですね~

IMG_5170

 おととしの年末にCZ75のCO2ガスブロをリリースして以来の第2弾!
 CZの次がガバ系って、自分の好みドンピシャなモデル選定。

 WKTKしながら箱出ししたぞ!

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ M45CQPとは 
 今回、カーボネイトはガバ系でもクラシカルなミリガバM1911A1でなく、今どきのM45系を攻めてきた。
 で、ここでモデルアップしたのは現行海兵隊が使ってるM45A1でなくM45CQPにしてきた。
 理由として考えられるのは、多分マルイが先行して出してるからかなと…

IMG_5181
 ただ、このM45CQPって銃を見てもわかると思うけど、マルイが出しているMEUピストルと(ほぼ)同モデル。
 版権の関係で刻印やメダリオンのデザインが違うのはマルイもカーボネイトも同じ。
 M45MUESOC(リンクはWikipeda英語サイトへ)ってヤツやね。

 ちなみに来月半ばにガンスミスBATONからもCO2ガスブローバックのガバ系が出てくる。
 BATONがモデルアップしたのはM45A1のほうで、こっちはFDEとBKの2色展開。
 なんで似たようなモデルをぶつけてくるんかな~
 どちらかはM9HK系(個人的にはVP9あたりキボンヌ)にしてたらみんな大喜びしながら悩むと思うんやけど…

◆ 箱出し 
・パッケージ
1
2
 パッケージはこんな感じ。
 説明書も安心の日本語表記。
 予備マグは2本買った。

3
 付属品はCO2カートリッジ装着用のレンチと小さめのレンチ。
 そしてブッシングレンチ。
 カーボネイトのステッカー。
 試射用BB弾は海外製品っぽく箱に直接入ってる系。プラスティックごみを少しでも減らせるのでこれはこれで良い。

・外観(左)
IMG_5183
 刻印はスライドの左に「45ACP」とある。
 刻印は全体的にここだけだ。とても素気な…ゲフンゲフン((+_+))…シンプルだ…

 マガジンにはCO2カートリッジを装着する穴が開いている。

・外観(右)
IMG_5182
 右側はスライド、フレームともに刻印は一切ない。
 これならいっそ左側もないほうが後から刻印カスタムしてもらうのに面倒がなくって良かったんだが…

IMG_5198
 グリップはラバー製。
 パックマイヤーのパチモンやけど、手触りは相当いい。
 手に吸い付く感じで、グラブをせず素手で触るほうが気持ちいい。
 やっぱ間に何もない、生がサイコー!
 ただネジは実銃のようにマイナスネジでなく六角だ。

・マガジン
5
 シングルスタックのマガジンにCO2カートリッジを入れるための苦肉の策。
 カートリッジのはみだしを外に逃がすための大穴が開いている。
 銃側のマガジン挿入口にもカートリッジの逃げが作ってある。

 リリースバルブははめ殺しのピンで交換できないようになっている。
 バルブパッキンの交換も自力ではできない。
 この辺がCO2のアレなところ…

◆ スライドの割れ問題
 ところで、この銃のリリース直後からSNSなどを中心に噴出したスライドが割れるトラブル
 メーカーのHoneyBeeのブログでも説明されているが、銃の欠陥というよりマガジンに弾を入れすぎたのが問題だとされている。
 自分はまだ3マガジンしか撃ってないが、今のところ割れるそぶりはない。

 実はこのマガジン。
 ローダーなどでロードすると規定の26発より多く入ってしまう。
 自分でも普通に入れると27発入ったときがあった。
 多分無理をすれば28発も入ると思う。

 で、28発入れてしまうとスライドを引いても初弾がまともに装填されない。
 スライドは戻るけどブリーチ内のピストンは戻ってないんやと思う。
 そこで激発してしまうと発射のガスもブローバック側に回ってしまい過剰な力でスライドが破断するんやと思う。(自分の私見的推察)

IMG_5202
IMG_5203
 なので「じゃ、マガジンが欠陥じゃん!」ってことになるが、マルイやほかのメーカーでも規定より多めに入ることはよくある。
 なので自分はローダーなどで入れたときは1~2発抜いてからリロードするように心がけてる。

 ちなみにこの銃のマガジンは装填後、いっぱいにフォロアを押し下げて2発弱の隙間が上にあるぐらいが26発だ。
 個体差はあるかもしれないが参考にしてもらったらと思う(実際に26発数えて入れてみて、りっぷとの隙間を感覚的につかんでおくと間違いない)。

・カートリッジ固定ねじにグリス
IMG_5204
 ところで、CO2GBBに構造上ついて回るカートリッジ固定用のねじ。
 説明書などに記載はないがスレッドにグリスを塗っておくことをお勧めする。
 締め込みがスムーズになりガス漏れが減ることと、頻繁に開け閉めを繰り返すのでねじをなめてしまうのを防ぐことにもつながる。

 グリスは安物のリチウムグリスでいいと思うし、手持ちのもの何でもいいと思う。
 どうしてもグリスがない場合はクレ5-56のような防錆潤滑剤で間に合わせてもいいと思う。

◆ 通常分解 
 通常分解は一般的なガバメント系と同じだが、この銃特有の問題がある。

IMG_5182-1
 それはこのスライドストップの軸の部分がフレームとフラットすぎて普通に指で押し出せないこと。
 説明書にもそのことは書いていて「外しにくい場合はプラスチックなどの棒で押せ」とか書いてある。
 めっちゃめんどくさいんでフレーム側をリーマかなんかでさらって逃げを作ろうかとも思うけど、こいつの強力なリコイルを考えると下手にここの強度を落とすような加工はやりづらい。
 ってか、メーカーでもそう考えたからこそ、この部分をこういう仕様にしたと思われる。

IMG_5184
IMG_5185
IMG_5187
IMG_5188
 まあ、分解した感じはフツーのガバとあんま変わんない。
 HFC134Aの銃よりフレームがゴツイ気がしないでもない。

◆ リコイルは強烈!
 スライドが割れる騒ぎがあってから購入したので恐る恐る試射を開始。
 一応CO2ブローバックはCZ75で知ってたのだが、初弾を撃ってみた最初の感想は
「そら、スライドも割れるわ!」

 それぐらいリコイルが強烈!
 あと動作音もすごい!
 その音がスゴ過ぎて家の中で撃つのは家族にはばかるほど。
 少なくとも夜に撃ちまくるとかみさんに殺されそうなので本格的な実射レビューは今度休みの日、昼間にやりたいと思うので、今回は開封のみでご勘弁!
 
 とりあえず気温が低かった(測ってないがヒトケタなのは確実)せいもあって3マグでカートリッジが空になった。

 次回はこれの実射レビューかAKS74UNのバレルがどうにかなったのかの話題になると思う。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

気温が落下してもリコイルが落下しないのはさすがCO2!

BOLTの銃と同じで強烈すぎて自壊しないかが心配…((+_+))

買ってすぐ壊れるとモチベーションダダ下がりやもんね~

モチベ落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング