なかなか難航しているBATON製M45A1やけど、今回はチェンバーパッキンの交換と破損したマガジンの修復をしていこうと思う。

IMG_5352

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ ホップアップパッキンの交換 
 前回も少し触れたけど、写真を撮ってなかったのでもう一度。

・インナーバレルの取り外し
 まずはインナーバレルからアウターバレルを外す。
IMG_5461‐1
 マルイのガスブロのようにこじって外せない。
 この丸のねじを外す。
IMG_5462‐1
 すると反対側のノッチが外れるので、そうすると簡単にアウターバレルが外れる。
 ある意味マルイより外しやすい。
IMG_5463

・チャンバーの分解
IMG_5464
 残りの2本を外すとモナカ構造のチャンバーが分解できる。

IMG_5465
 チャンバーパッキンにはホップアップレバーの跡がくっきり…
 マルイのHFC134Aのパッキンに比べるとかなり硬め。

IMG_5466
 インナーバレルの構造はほぼマルイと同じ。
 なのでマルイ互換のチャンバーパッキンが使える。
 ただしちょっと加工が必要(後述)。

・チャンバーパッキンのチョイス
IMG_5467
 使うのはPDIの硬度70。
 もともとのも硬いので交換するのもCO2のガス圧に負けないぐらいのものをチョイスした。

・パッキンの加工
IMG_5468‐1
 マルイ互換パッキンはそのままは使えない。
 回り止めを少しカットしないとチャンバーにハマらない。

IMG_5469‐1
IMG_5470‐1
 図り方が悪かったので約1.8ミリの差になってるが、実際はそこまでの差はないかな1.5ミリほどのカットにしておいた方がいい。
 少々のサイズオーバーは問題ない…ってか、その方がしっかり固定できる。

IMG_5471
IMG_5472
 こうやって現物合わせでカットした方がうまくいく。

 あとは逆の手順で組みなおせばオッケー。
 これでかなり弾ポロが改善された。

◆ マガジンの補修 
 続いてマガジンの補修に入る。
 GUNSMITH BATONでは補修パーツを入手しやすい体制にしているという。
 事実、今回もパーツ発注を正午ごろにしたら15時ごろに発送連絡。
 翌日には届いた。

・マガジンリップの破損
3
 ただこの銃は多分マガジンリップは鬼門だ。
 Carbon8はスライドが弱点っぽいけど、この銃はマガジンリップが弱い。
 おそらくローダーでガシガシリロードをするとけっこう早いうちにぶっ壊れると思う。
 少なくとも自分は今後、この銃にローダーは使わないようにしようと思う。
2
 ちなみにマガジンリップの予備はあと6個買った。
 その他、固定ピン2セット、カートリッジホルダーガスケットも1セット(2個入り)一緒に購入した。

・マガジンの分解
1
 マガジンの分解をするのに付属説明書の分解図を参考にした。
 が、分解図では右から固定ピンが入っているように書いてあるが、実際は逆だ。

IMG_5694
 最初は図を参考に左から抜こうと思ったがうまく抜けない。

IMG_5695
IMG_5696
 なので左から抜いてみたらあっさり抜けた。

IMG_5697
IMG_5698
 あとは分解したマガジンリップを入れ替えるだけ。
 3分もかからない。

IMG_5700
IMG_5701
 きれいに修復完了。
 続いてもう1本も補修。

IMG_5704
 2本ともガス漏れもなくしっかり補修完了。

 これで弾ポロもマガジンも使い物になるようになったので次回こそ実射レビューに入れそうな感じだ。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング