今手元にあるボルトアクションのスナイパーライフルは弟からの借り物のVSR-10 Gspec(写真・下)。
IMG_0095
 基本的に箱出しでも必要十分な精度があるから結構楽しめてきたんだが、やっぱりGスペとハイキャパはいじってナンボ、って感じでカスタムする楽しみがあると思う。
 かといって借り物のエアガンをガツガツカスタムするわけにもいかないので色々機種選定をしていた。
 安定の丸井を中心に海外製品も見て回ったのだが、最終的にはホビーショップ・フロンティアさんでセールをしていたM40A5に落ち着いた。 

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ ゲームより試射・部屋撃ちで重宝(笑)   
 実際、エアコキライフルをメインアームで使うかというとそうでもない。
 基本ゲーム参加がボッチの自分は他の人と密な連携がとりづらいのでスナイパーの役割は難しいと思うんよ。
 なのでスナイパーをするときはCA870+サプ+ダットサイトで凸すなをすることの方が多い。
 で、エアコキライフルを撃つのはもっぱら試射レンジか部屋撃ちが多い(笑)
 試射レンジならともかく、部屋撃ちでは最大で8mしか距離が取れないのだが…
 それでも家族が寝静まった後に家の直線部分を目一杯使っての部屋撃ちは楽しい。

 でもそうやってるとだんだん実戦で使いたくなってくるもの。
 それならノーマルのVSR-10でも十分なのだが、まあいじりたくもなって来るのよ。
 そこで弟からの借り物のGスペでは食い足りなくなり、今回自分用のエアコキライフルに選んだのは東京マルイM40A5
IMG_6714

 ちょうどセールをしていたFEDカラーにした。
 本当ならODの方が好みなんだが、その辺は必要があれば塗装しちまえば良いかと…

◆ とにかく長くて重い!      
IMG_6713
IMG_6712
 パケ写を2度に分けて撮らんとあかんくらい長い!
 で、重い!
 まあ、取り回しのことを考えるならGスペにしとけ!ってことなんやけど…

IMG_6715
IMG_6716
IMG_6717
 中身は3分割(笑)
 発表があったときには失笑気味だったきらいもあったが、ブラックやODのフレームよりブラックパーツが目立つので結構メリハリがついていてカッコいいと思う。


IMG_6718
 マニュアルとお掃除棒が付属。

IMG_6732
 マルイのいつもの付属品。
 試射用BB弾にマズルキャップ、アーレンキー2種。
 アーレンキーは何に使うのかはよくわからん。
 基本的に手持ちの工具を使うのでこの手の付属品はほぼ使わんから。

IMG_6719
 +300円でセット売りのマウントリング。
 とりあえず手持ちのリングで適当な高さが出たので未使用に。

◆ 外観レビュー          
 外観は長すぎてワンショットでは上手く撮れなかったので各部を見ていこうと思う。

・賛否両論のマズルブレーキ
IMG_6720
 賛否両論が出ていたスナイパーライフルのマズルブレーキ。
 理由はポートから噴出するガスで弾丸が影響を受けるので精密射撃には向かないという理由からだ。


 これは弾丸がマズルを出る瞬間をとらえた動画だが、よくみるとマズルをでた後、弾丸が微秒に揺れている。
 エアガンにおいてはガス圧が低く、そんなに影響は出ないと思うけどね。
 それにどうせサプをつけるつもりだからどっらでもいいっちゃあどっちでもいい。

・アクセサリーレール
IMG_6721
IMG_6727
 ストック前端にあるアクセサリーレール。
 本来はナイトビジョンなんかを付けるらしいんだが、自分はそんなもんは持ってないし、付ける予定もない。
 でもストックの剛性が足りないためコイツを外すとフローティングバレルに接触したり、ストックが歪んだりするので外せんのよね。

・マウントレール
IMG_6723
 マウントレールは実用上問題ないサイズで、精度的にも悪くない。
 何より、他メーカーとも互換性の高いフツーのレールなところが良い。
 というのも、VSRのマウントレールは一応20ミリレールなのだがビミョーに切り欠きの幅が一般のマウントとは合わず固定ができなかったりする。→【悲報】スコープがVSR-10Gスペに載らなかった件

・ストック、チークバッド
 ストックにはチークパッドが装備されていて、頬付の具合を変えられる。
 これは部屋撃ち:フェイスガード無し、ゲーム:フェイスガード有りを簡単に調整できるので自分には都合がいい。
 これはVSRにないポイントなので無いより有った方が助かる。
IMG_6731
 体格や装備によって長さを変えられるスペーサが付いている。
 M40A5自体がかなり大柄なボディなので自分としては必要をあまり感じてない。
 タンスの肥やしになってますわ(笑)

・リアルマガジン&挿入口
IMG_6724
IMG_6729
 M40A5はリアル外観のマガジンをリアルポジションで抜き差しする。
 今時の電動ガンやガスブロ・ハンドガンしか知らない世代は「何いってんだ?」って感じかも知れんが、30年ぐらい前のトイガンはそれすら難しかった。
 小さなカートリッジの薬莢にパワーを凝縮できる実銃の機構をポンプやそれを駆動するための機構で再現しなければならないからだ。

BlogPaint
 特にボルトアクションライフルはポンプの圧縮を実銃のボルトアクションと同じ動きをさせようと思うと、コッキングにかなりのパワーを必要とする。
 なのでそれを軽減するためのポンプの容量を稼ぐ必要からチェンバーを実銃よりもかなり前に持っていく必要があった。
 なのでVSR-10はマガジンがかなり前の方にあるよね。

BlogPaint
 しかも給弾口はそのマガジンの前の方。
 シリンダー容量を確保するためにはしょうがないんでしょう。

IMG_9324
IMG_6728
  VSR-10のモデルとなったのはレミントンM700だが、M40A5も同じM700のモディファイ。
 M40A5はその本来の位置にマガジンを持ってきた。
 でも基本ユニットはVSRと同じなので実際のチェンバーはもっと前にある。
 なので後発のL96やM40A5はそこまで給弾ルートを引っ張ってきた。
  ただL96のローディング・エスカレーター機構は給弾不良や部品破損が多かったようで、M40A5ではその機構を採用せず、BBロードシステムという別の機構を持ってきた。
 そのせいでマガジンを外しても給弾ルートに16発弾が残るという副産物が残ってしまい、自分も当初は購入を躊躇っていた部分でもある。 
 いつの時代もエアガンを実銃に似せるというのは何かと大変みたいだ。

IMG_6730
 マガジンの給弾口はマガジン前面にあるのはL96と同じ。
 BB弾を前に送るからだね。
 こういう部分を見てもVSR-10は給弾方式もシンプルで、名より実をとった感じ。

・ホップ調整ダイヤル
IMG_6722
 このホップ調整ダイヤルは気に入ってる部分で、大型で調整しやすい。
 ダイヤルはフリクション型でVSRやL96のようにクリック感はない。
 好みの問題だが自分はこのフリクション式ダイヤルが気に入っている。
 クリックはホップの段階を数えやすい反面、クリックの中間を狙いたいときにもどかしさを感じるから。

・ボルトアクション&コッキングインジケータ
IMG_6725
 ボルトアクションはストロークが短く軽いと思う。
 ショートストロークなのも賛否両論みたいだが、ゲームでの使い勝手を優先させるマルイの考え方は正解だと思う。
 コッキングインジケータがあるのもリアルだし、ゲームでの実用性も高い。
 VSRにはない利点の一つ。

◆ 重いのは安定性とのトレードオフ   
 電動ガンをメインアームで使うのであれば重量は軽い方が良いことが多い(体力や好みによるが)。
 でもスナイパーライフルの場合、必ずしも軽いばかりが良いこととはならないことが多い。
 軽いと機動性、取り回しはいいけど、安定性に欠けるのだ。
 重いとガク引きや手の震えなども吸収してしまう。
 重いから逆にプルプルしてしまうこともあるけど、そこはバイポッドやモノポッドなどを使っての委託射撃にすることで補える。

 で、今回のM40A5の良いところはスコープを付けたときのバランスが良い所。
 ライフルを使うとき、一番気に入ってるのは以前もレビューしたフロンティアオリジナル・スコープ
 このスコープは明るくてサイドフォーカスを備えててとても好きなんやけど、重いのが難点(642g:実測値)。
 この重いスコープを軽いVSRに載せるといかにもアタマが重く、バランスが悪い。
 エアガンはスナイパーライフルに限らず、水平にしないとまともに真っ直ぐ飛ばない
 ホップアップスコープのパララックスのせいなのだが、アタマが重いと水平に構えるのが難しくなる。
 でも重いM40A5だと良いバランスになる(重いけど…)。
 それも含めて重さは力になることがスナイパーライフルの場合はあると思う。

 軽くて機動性の高いVSRと重いが安定するM40A5。
 まあ、これもフィールドや自分のゲームスタイルでチョイスすれば良いと思う。

◆ 命中精度の確認がしづらいのがツラい…    
 ボルトアクション・ライフルが実際に威力を発揮するのは30〜40mだと思う。
 エアガンの初速は法定されていて、電動ガンもボルトアクション・ライフルも変わらないはずなのだが、実際に使ってみるとちょっと違う。
 例えば電動ガンでもフルシリンダー、加速シリンダーでは弾の飛距離は違ってくる。
 これは弾を加速するエア量とバレル長との関係らしいが、それにチャンバーパッキン、ホップ、バレル径も関わってきて狙える有効射程が結構変わってるくる。

 で、身近に30〜40m狙えるレンジがないのよね。
 家で最大限取れるのは10m弱。
 で、この手の銃の真価を発揮できる試射ができない。
 しかも今は新型コロナ騒ぎでサバゲフィールドにも簡単に行けない状態なので試射は一旦お預け。

 いずれ行けるようになればVSRとのうち比べをしてみたいと思う。

 でゎでゎ