前回は箱出しだけで終わってしまったSIG AIR MCX。
 MCXってなんかなじみのある名前やなと思ってたら、思い出したよ…
 昔好きだったバイクHONDA MCX50だよ。
 こんなやつね。
mcx50
 HONDA Racoon(ラクーン)の流れをくむ原付で50ccと80ccがあった。
 エンジンはMB5/8のスポーツバイクのエンジンを使ってたので結構スピードが出た。
 でも兄弟車のMBX50/80、MTX50/80が水冷なのに、こいつは空冷のままだったのだよ。
 今にしてみればそれで十分な気もするけど、当時は「なんでこいつだけ空冷だよ~」って感じやった。
 でも結局買ったのはRZ50だったよ…(笑)

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ HK416A5との比較     
 エアガンとは全く関係ない話でスタートしたが、まずは現在主力のHK416A5と比べてみる。
34B8A706-2C3A-4B3D-9C7E-495EBF801563
 ストックをたたんだ状態だとちょっとだけMCXが短いけど、最初イメージしてたほどではない。
 自分としてはもう少し短いイメージだったんやけど、そう考えるとAR15系はかなりコンパクトなボディなんやね。ちなみにHK416A5はマズルがナイツタイプに変更されてるので、ノーマルよりちょっとだけ長い。

D3FB6968-4F1B-4677-82B2-A8A902EF344D
 ストックを延ばしてもHK416の方が少し長いんやけど、これはHK416のストックを目一杯伸ばしているから。
 実際にHK416を使うときはこんなにストックを延ばさない。
 一方、MCXはコレが目一杯延ばした状態やけど、自分的には少し短い。
 そういう意味ではストックの調整範囲が大きいHK416A5の方が自由度が大きいと思う。
 
A103B461-37FB-4B6F-8382-71F9390E5587
 コレはグリップの後端を合わせて見た。
 こうやって見るとグリップより前はほとんど同じ長さだ。

37B3DE9C-1D90-4A54-8169-D8E7D5BE7909
CDE8065C-5D2F-44E9-9F42-20E2398848C5
 重量はどちらも2,780gとほぼ同じ。
 重量配分としてはバッテリーを積んでなくてもMCXが若干フロントヘビー気味。
 MCXは前にバッテリーを積むからもう少し重心が前寄りになる。


◆ 実射レビュー      
 では実射レビューに行ってみよう。

A27AA4BA-3D11-4E30-AA30-99B1B7EB7D4B
 使用バッテリーはとりあえず7.4V 1300mAh20Cのスティックタイプを使ってみる。
 手持ちに7.4Vスティックタイプがなかったので急遽買ってきたので新品である。
 とりあえずめんどくさいのでコネクタもタミヤコネクタのままでの試射だ。

1-1.ノンホップ:生データ
C7458E80-1808-404D-ABD5-160DEC92C937-2513-0000026412147D4B
 まずはノンホップで計測してみたが、ノンホップだと純正マガジンでも弾ポロしまくるのでノンホップでは実用的でないが、弾速計測のためにノンホップにした。
SIG AIR MCX non-hop 7.4V(生データ)
  初速 偏差 二乗偏差
1 83.8 1.721 2.960694
2 85.49 3.411 11.63265
3 86.37 4.291 18.40982
4 61.15 -20.929 438.037
5 86.27 4.191 17.56169
6 85.75 3.671 13.47379
7 85.17 3.091 9.55222
8 60.84 -21.239 451.1093
9 85.37 3.291 10.82849
10 85.69 3.611 13.03691
11 83.66 1.581 2.498507
12 85.53 3.451 11.9071
13 86.31 4.231 17.89854
14 84.72 2.641 6.97312
15 85.07 2.991 8.944087
合計 1231.19   1034.824
平均 82.0793    
分散 68.98826  
標準偏差 8.30592  
ノンホップ

・かなりもっさりしたレスポンスと安定しない初速
 計測前に空撃ちや試射してみた時から感じていたのだが、セミオートのレスポンスがかなりもっさりした印象。
 電子トリガーとは思えないレスポンスの悪さ。
 しかも15発中、2~3発は明らかに初速が落ちるときがある。
 グラフでもわかる通り4発目、8発目がそうだ。
 まだ原因ははっきりしないが、初速が落ちるときは発射音も違っている。
 予想としてはダブルフィードしているか、弾のチャンバーへの収まりが安定していないのだと思う。

 同じVFC製メカボを使っているHK416A5とは明らかに違うそのうち味にかなりがっかりしている。
 ただし、これは自分が買った個体だけなのかもしれないし、もう少し撃ってパッキンが馴染んで来たらマシになるかもしれない。

1-2.ノンホップ調整済みデータ
 さすがにこれでは全然参考にならないので特異値である4,8発目を削除したデータを作ってみた。
SIG AIR MCX non-hop 7.4V(調整)
  初速 偏差 二乗偏差
1 83.8 -1.523 2.319763
2 85.49 0.167 0.027863
3 86.37 1.047 1.096048
5 86.27 0.947 0.896663
6 85.75 0.427 0.182263
7 85.17 -0.153 0.023433
9 85.37 0.047 0.002202
10 85.69 0.367 0.134633
11 83.66 -1.663 2.765825
12 85.53 0.207 0.042817
13 86.31 0.987 0.974017
14 84.72 -0.603 0.363702
15 85.07 -0.253 0.064048
合計 1109.2   8.893277
平均 85.3231    
分散 0.684098   0.749
標準偏差 0.8271   0.865535
ノンホップ調整済み
 特異点を省いても1、8発目の初速が遅いので標準偏差は0.8とあまり良くない。
 マルイAK47で0.3〜0.4程度。
 同じVFC製メカボックスのHK416A5でも0.4前後(ただしフルホップは海外製独特のかかりすぎにより不安定だが…)。
 そのほかの条件でも複数データを取ったんやけど、だいたい15発中2〜5発程度ダメな初速が出るので、もう一度調整をしてからデータを取ろうと思う。
 正直、これほど初速が不安定だとこのまま実戦投入は難しい。
 特にHK416A5の性能が良いので主力は依然としてHKかな…

まとめ          
A103B461-37FB-4B6F-8382-71F9390E5587
 実銃メーカーであるSIGがエアガン部門を立ち上げて鳴り物入りでリリースされたMCXやけど、自分が買った個体は残念な実射レビューとなってしまった。
 ファーストロットやCyberGun時代の製品の評判は良さげだったので期待していただけにちょっと残念だが、この歩留りの悪さがやっぱマルイ・クオリティとの差なのかもね。

・この銃の推し!
  1. 実銃メーカーからのリリースなのでとてもリアルな外観
  2. ガチガチといっても過言で無いガッシリした剛性感
  3. 余裕があるバッテリースペース
  4. 使いやすい長さと重量バランス
  5. M4とほぼ同じ操作性
  6. メカボをバラさなくてもスプリングにアクセス出来る→スプリング交換がラク
・この銃の引き…
  1. 電子トリガーとは思えないもっさりしたセミオート・レスポンス
  2. 箱出しで安定しない初速 ※自分の個体の感想
  3. ノンホップから2〜3クリックくらいまで弾ポロが発生する
  4. フルホップは掛かりが強すぎて日本仕様では実用的でない
  5. 2、3の理由で狭いホップアップ調整域
  6. 純正マガジンの抜き差しがかなりキツい→マルイを含め社外品の方が良好
  7. いつまで経っても発売されないストックバリエーション
  8. スケスケ過ぎてバッテリー、配線が丸見えになって興醒めする
F76A3180-8698-4626-A17D-C2EFB0A43123
 正直税込6マソオーバーの銃としてはイマイチ期待外れ感は否めない。

 あと、この銃はストックを含め色々モジュール交換できるのが特徴なのに未だにストックバリエーションが増えないのは不満だ。
 この銃のストックはこのリトラ型より折りたたみ型の方がイメージとして持ってる人は多いのでは無いだろうか? 
 せっかく実銃メーカー直営のエアガン部門を作ったのだから、上の写真のようなモジュール・オプションをリリースして欲しいと強く願う。


最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも更新モチベも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング