この銃の再販を知ったのはTwitterだったんよ。
 現代の固定スライド・ハンドガンを1挺欲しいと思ってた。
 コロナ騒ぎで在宅勤務にシフトしたんだが、学校も休校になったので1日中家に家族がいる状態になって、気晴らしの部屋撃ちも日中はしづらい状況になっちまった。
 なので夜、家族が寝静まって的撃ちして遊ぶのだが、ガスブロだとちょっと夜は使いづらい。
 なのでエアコキライフルやハンドガンで撃つんやけど、固定スライドのガスガンも欲しいなと…

 何挺か候補が挙がっていたのだが、そんなとき、限定だったマルゼンのM93Rが再販されると知った。
 で、ググってみるとアームズマガジンの記事や販売店の予約ページはヒットするんやけど、肝心の発売日がわからない。
 マルゼンは出荷直前になるまで情報を出さない、アップルよりも厳しい情報統制をしいている(笑)ので、リリースの日がわからん。
 で、5月25日の月曜日、なにげにググってみたら5月22日に発売されているではないか!
 マルゼンのページでは5月17日に出荷情報を出しているとなってるが、17日にはそのニュースは出てなかったんちゃうかな~笑笑


ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング


◆ 候補は2機種     
 実は固定スライドのハンドガンは2挺持っている。
 どちらも30年前のシロモノだが充分稼働する。
 ただ、当時のエアガンはまだホップアップが一部のオプションパーツだった時代で、今持ってるその2挺もホップアップは搭載していない。
 初速こそソコソコあるんやけど、弾道が安定せんのよね。
  

 で、候補に挙がったのはこの2挺!

1.東京マルイ SOCOM Mk23
 現代の固定スライドガスガンといえばこれが筆頭に上がるでしょう!
 かんなりドデカい銃だが、それを差引しても静かでよく当たる名銃だと思う(実銃とは違い…)。
 サイレンサーにフラッシュライト、というのも今回のスペシャルフォースと構成は同じ。
 カスタムパーツもそれなりに出ているので、そういう楽しみを考えればこっちの方が良いのかもしんない。
 ただ、新鮮味はない。

2.マルゼン P99 FS スペシャルフォース
 つづいて、昨年6月にリリースされたP99 FSのスペシャルフォース。
 これが出た時も買おうと思ってたんやけど、なんか買い損ねてた。
 ググってみると今でも在庫を持ってるところがあるみたい。
 P99 FSに関してはレギュラーモデル、サイレンサーモデルもあるので、それでも良いかなと思ってたんやけどね。
 でも、マルゼンってなぜか固定スライドを夏場にリリースする傾向があるように見えるんやけど、なんか意味あるんかな?

・その他
 他にはSⅡSが Mk23 SOCOM(マガジンがマルイ互換)、 USP Matchなんかを出してる。
 お手頃価格でそこそこの性能なので、部屋撃ちメインならこれでも楽しめると思う。
 ただ、自分はコイツをゲームでも使いたいんよね~
 そうなると性能的にどうなのかな?と…

 昔、マルシン スタームルガー mk1とか出してたのに、もう再販せんのかなぁ…
 あ、KJ MK-1もあったわ。


◆ 開封の儀     
IMG_9835
 動画じゃないんで「開封の儀」ってのは変かもしれんが、まあとりあえず開封していくよ。
 予備マガジンはとりあえず1本買っておいた。
 マルゼンは予備マガジンのサプライがマルイほど良くないので、買えるうちに買っといた方が良い。
 箱絵は線画だがシンプルで良いと思う。

IMG_9836
 なんかマルゼンの製品とは思えないにぎやかな感じ。
 オレンジの内装とぎっちり詰まったアタッチメントでテンションが上がる。

1
 外観はこんな感じ。
 質感はハッキリ言ってちょっと低め(´・ω・`)
 最近のマルイのガスブロと同じような気持ちでいると悲しい気持ちになるかな。>σ(゚∀゚ )オレ
 全体的にプラスチック感が強め。

IMG_9845
 で、このプラスチック感を醸し出す現況がこの軽さだ!
 93Rはけっこう大型の拳銃なのだが、ビックリするくらい軽い。

・マガジンが重い!
IMG_9846
 ところが、マガジンが重い!
 どうかしたら銃本体より重い!
 空マガジンでこの重さだから、ガス・弾を入れると明らかに本体より重くなる。
 装弾数は42発。
 固定スライドはガスブロのようにリップで弾を固定する必要がないから、ザラザラ流し込んでいけるのでボトルでも簡単に弾が入るのはありがたい。

・グリップ周り
2
 グリップは樹脂製。
 グリップ底部にゴツいランヤードリンクがある。

4
 この銃は基本的にセミオート(って言っていいのかな?)のみなので、バーストのセレクタは必要ない。
 なので、セーフティーと一体式の構造になっていて、このセレクタ側を操作してもセーフティを操作できる。
 このセレクタ側の操作感はガバメント系と似た感じで操作できるので、違和感なく操作できる。
 操作感は固めで、逆に本来のセーフティーレバーだとテコ比が足りずちょっと固い。
 使っているうちにマシになりそうな気はするが…

・マズル周り
3
 この銃のチャームポイントであるマズルはアウターバレルと一体で金属製。
 ノーマル93Rだとフォアグリップが付くダストカバー部分には20mmレールのアタッチメントが付く。

IMG_9842
 ピカティニー規格の樹脂レールで、このアタッチメントはモナカ構造。
 金属を肉抜きしたようなメカメカしさが中二病的造形…
 コイツのおかげでかなりのホルスターが使い物にならなくなるが、もともと93Rが入るようなホルスターはカイデックスホルスターではほとんどなく、ナイロン製かトリガーガードで保持するような変態的変速的ホルスターぐらいなので、そんなことを気にしてはいけない。
 どっちにしてもコイツと並んだ候補のSOCOM Mk23だって入るホルスターなんて数えるほど…

・フラッシュライト
IMG_9855
 このセットのキモのひとつがこのフラッシュライト。

IMG_9856
 単体で点灯させるとこんな感じ。

IMG_9850
 コンパクトで軽量。
 重量は単体で23.5g。

IMG_9853
 バッテリーはこの趣味の人たちにはお馴染みのCR123Aを使います。

IMG_9852
 電池込みで39g。

IMG_9851
 フラッシュライトを装備するためのブラケットは樹脂製で15.5g。

IMG_9859
 フラッシュライトをブラケットにつけるとこんな感じ。

IMG_9860
IMG_9861
 両サイドのレバーを下げてレールに固定します。

IMG_9863
 レールアタッチメントとデザインコンセプトが統一されているのがこのセットの美点です。
 中二病炸裂しています。

IMG_9862
 点灯した姿がこんな感じ。

IMG_9872
 この画像は約1mぐらいからの照射状態。
 画像ではかなりスポットが強そうに写っているけど、実際はもっと拡散した感じ。

 ちゃらららっちゃちゃっちゃ〜!
 M93Rはレベルがあがった。
 目くらましの呪文を覚えた。
 HPが5あがった。
 MPが8あがった。

・サプレッサ
IMG_9847
 このセットのキモのもうひとつがこのサプレッサー なんだが、コンパクトで割と細身。

IMG_9849
 中にはちゃんと吸音材が入っているのでサプとして機能する。

IMG_9865
 このサプはわざわざネジを切ったりすることなく、こういうアタッチメントをマズルに装着してサプを搭載する。

IMG_9866
 マズルにこのアタッチメントを挟み込むと、あら不思議!
 サプをねじ込むスレッドが出現しました!
 ネジはせいネジです。
 ネジ形は現在不明です。
 でも仮にM14であっても正ネジなので、マルイ対応のサプなどはそのままではつけることができません。
 だがしかし!見たところM14よりもはるかに太いように見え、さりとてHK45やFNX45で採用されているM11正ネジでもなさそうなので、淡い期待は捨てましょう…

IMG_9867
IMG_9868
 このセットのフル装備の姿。
 全体的にSOCOM Mk23が一回りダイエットしたような姿に見えなくもありません。


IMG_9870
 実写してみるとこのサプはかなり効いていることが実感できる。
 ガスブロのHK45もそれなりにサプの効果はあると思ったけど、やっぱり動作部分が少ない固定スライドでこそサプは効果が炸裂する!

・サプとオープンサイト
IMG_9877
 サイトはスライドと一体形成。
 エッジはそこそこ。やっぱり射出形成なのでCNC削り出しのようなシャープさはない。
 あと、最近の銃のようなドットもない。

IMG_9878
 このモデルの良いところはサプをつけてもちゃんとオープンサイトが使い物になること。
 写真ではうまく写ってないけど…

 できればスライドにダットサイトをダイレクトマウントしたいけど、リアサイトが一体形成されているので、サードパーティの対応品は期待薄かも…

◆ 実射してみた       
 とりあえず実射してみた。
 今回は実射した環境が仕事場だったのでマガジン温度や初速計測ができていない。
 それはまたの機会に出す予定。
 今回は的撃ちと実射の感想を書いていこうと思う。

・実射レビュー
 実射して思ったことで、命中精度以外のうち味の感想は以下の通り。

⭐︎ この銃の推し!
  1. 素直な弾道
  2. 固定スライドにしては軽めなトリガー
  3. 重量バランスの良さ
  4. 扱いやすいセーフティレバー
  5. 調整範囲の大きいホップアップ
★ この銃の引き…
  1. マルゼン伝統のバネ鳴り、バイーン!
  2. トリガー引き切り付近の妙な重さ 
  3. トリガーのストロークの長さ
  4. ホップアップ調整にドライバーが必要
  5. ホスルターの選択肢がない
・実射リザルト
 実射は室内で使用BB弾は東京マルイ、プラスチック弾0.2gを使用。
 距離は5mと8m。

・5m:両手:サプ付き
IMG_9880
 右に外れてるのは1発目。
 引き切りの微妙なトリガーの重さに対応できず、右にぶれてしまった。
 それ以降はそのトリガーフィールに慣れてきたのか、まあまあなグルーピング。

・5m:両手:サプなし
IMG_9881
 次はサプを外してみた。
 やっぱりサプがない方がサイトは見やすい。
 1発クロから外れてるのは今度は最後の1発。
 トリガーの最後の引き切りが重いので、疲れてきたんだよ…

・8m:両手:サプ付き
IMG_9879
 8mになるとやっぱり散ってくる。
 ただこれは銃のグルーピングというより、オレの視力の問題が大きい。
 この距離になるとオープンサイトとターゲットを合わせるのがかなりグダグダになってくる。
 見やすいとは言ってもやっぱりサイティングにサプが干渉してくるからね。 

・8m:両手:サプなし
IMG_9882
 8mになってもやっぱりサプなしの方がグルーピングが良いのはやっぱり視界が良いからやね。
 トリガーに慣れてきたのもあるが…
 でも全体的に右に偏ってるのは銃自体が右に偏る射線になってるみたいで、ちょっと左に狙点を変えるとかなり中心に着弾した。


 今後のこの銃の課題は一にも二にもトリガーフィールやね。
 そこさえなんとかすれば弾道自体はすごく綺麗に飛んでるので扱いやすくなると思う。
 なので、初速計測とグルーピングのデータをもう少し集めたらバラして、改善ポイントを探っていきたいと思います。
  銃の素性自体はすごく良いので、そのポテンシャルを生かすカスタムをすればかなり化けると思うんっすよ。
 
 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!
固定スライドの魅力も伝えていきたいかなと…
ランキングが自重で落下しないようにがんばります(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング