IMG_3819
 今回はS&T M933 スポーツラインのレビューをしようと思う。
  S&Tのスポーツラインはレシーバなどを樹脂製にして価格を落とした廉価版
 廉価版とすると字面が悪いので「スポーツライン」というネーミングをつけて来たんやけど、これがけっこう言い得て妙。
 これ以降、”スポーツライン”の呼称は樹脂レシーバ&軽量ボディのエアガンの一般名詞となってしまった。
 今回、このS&Tスポーツラインの最新版、G3メカボックスとなった銃の驚きの価格はたったの1万円!
 ガスブロハンドガンよりも安いこの電動ガンをレビューしていきます。

☆ この銃をおススメできる人
  • サバゲを始めたい人の最初の銃(とにかく安くそろえたい人)
  • メインがトラブった時のバックアップとして
  • 軽いM4カービンが欲しい人
  • カスタムベース

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



S&T M933 G3 スポーツライン電動ガン

サマリー

 S&Tは低価格なスポーツラインで定評があるが、今までM4系のスポーツラインは買ったことがなかった(持ってるスポーツラインはM249MINIMIだけ)。
 今回、M4系のM933のスポーツラインがセールしてた(約1マソ)ので、脊髄反射的に買ってしまった…
 この銃の特徴は
  1. 軽量高剛性のナイロン樹脂フレーム
  2. 電子トリガー装備のG3メカ
  3. 1〜1.5マソの低価格
 オール樹脂レシーバとはいえ1マソで電子トリガー装備のM4が買えるとは、恐ろしい時代になったものだ…

箱出し

パッケージング

IMG_3471
 もう、外箱なんざこれでいい、って感じのS&T流パッケージング。
 出荷ミスをせんのか?ってくらいどれも同じ箱だ。

IMG_3473
 箱側面には初速なんかが書いてあるが、シリアルナンバーが「43」ってどういうことだ?
 毎度中華ガンを買うと思うんだが、これって実測じゃないよね?

内装

IMG_3472
 内装は紙素材形成。
 捨てるにしても扱いが楽なので好印象。
 分別回収がデフォの社会では発泡スチロールに正義はないのかもしれない。 
 製品のホールドもしっかりしているので必要にして十分。

全体外観

IMG_3474
IMG_3475
 パッと見の印象は悪くない。
 そりゃフルメタルのセラコート塗装と比べたらアカンけどね。
 自分はM16世代なのでダークグレーの方が馴染みがあるが、最近ではマットブラックの方がメジャーなんかな?

レシーバ

IMG_3478
 レシーバは樹脂製。スポーツラインなんだから当然か。
 キャリングハンドルも樹脂製。
 ナイロンファイバー樹脂はわずかに柔軟性があるので、レシーバは頑丈にできてるけどキャリングハンドルも若干たわむ。
 でもその柔軟性がゲーム使用での破損のしにくさになってると思うので問題ない。
 ただ、M16系のようにキャリングハンドル状にマウントを噛ませてスコープを載せるのはあまりお勧めしない。

IMG_3483
IMG_3495
 刻印は彫込み、型抜きといった凹面ではなく、ホワイトによるプリント。この手の刻印もレーザー刻印と呼んだりしていることもあるが、実際にそうなのかはよくわからん。
 セレクタは凹面刻印だ。
 塗装する場合はたぶん凹面刻印以外は全部なくなってしまうね。

ホップアップ調整

IMG_3493
 ホップアップ調整は同軸ダイヤル式。
 昔は上級モデルのみやったけど、最近はスタンダードとなりつつあるね。
 最近流行りのボルトカバーのロック機構はない。そこは価格なり。

IMG_3494
 ボルトカバーはかすかにボルトフォアードアシストノブ用のセレーションが刻まれてるけど、ぼんやりしてる。

マズル

IMG_3476
IMG_3481
 マズルはM4A1と同じバードケージタイプ。
 バレルはCQBRと同じ10インチ。

IMG_3486
 このタイプの良いところは三角ポストのおかげでバレルの長さが掴みやすいところ。
 自分は三角ポストよりバレルが長い銃(例えばM4A1)なんかだとよくバレルをバリケにぶつける。

IMG_3487
 インナーバレルはハイダーギリギリまで来ている。
 材質は真鍮製で悪くない。精度は分解してみんとわからんけどね。

サイト

IMG_3488
 フロントサイトは上下調整式。
 ただ、調整ツールは附属していない。

IMG_3490
IMG_3491
 リアサイトのピープは近距離、遠距離切り替え可能。
 左右の調整ノブもちゃんと可動する。

ハンドガード

IMG_3477
IMG_3482
 ハンドガードはM4A1と同じ樹脂製丸型。
 これもレシーバと同じ表面処理でザラッとしてて滑りにくい。

IMG_3496
IMG_3497
 バッテリーはここに収めるんやけど、アウターバレルがブルバレルのままなので、ミニSタイプは全く入らない。

IMG_3498
 だいたいこれくらいのスティックタイプが限界かな?
 マルイなんかだとバレル下部が削り込まれてるんやけどね。
 たぶんガスブロとパーツが共用されてるんやと思う。

説明書

IMG_3819
 S&Tは低価格製品でもちゃんと日本語説明書をセットしてくれる。
 性能も中華ガンにしては安定してると思うし、初心者にでも奨められそうな電動ガンだと思う。

実射

初速

※ OneDriveの同期の調子が悪いので、詳細データは後日追加します。

集弾性

※ OneDriveの同期の調子が悪いので、詳細データは後日追加します。
 この銃はちょうどゲーム直前に届いたので、試射直後に実戦に投入した。
 これが思った以上に具合が良く、40mで頭と同じくらいのターゲットが狙える集弾性が出せた。
 ホップアップの利きもよく、0.25gでもまだ余裕があった。
 ただ、上下方向はホップアップで対応できるが、左右方向はまあまあなバラツキが出ることもあったので、内部の調整はした方がいいかもしれない。


まとめ

☆ この銃の推し!

  1. 軽い・安い・当たるの三拍子!
  2. 電子トリガーはセミのキレが良い
  3. ホップアップの利きは中華ガンの標準以上

★ この銃の引き…

  1. プリント刻印はコストダウンを感じる
  2. 強度が心配なキャリングハンドル
  3. ハンドガード内蔵にしてはバッテリーの種類を選ぶ
 一般的に中華ガンは初心者にはあまりオススメしないんやけど、これは良いかもしんない。
 というのも、
  1. 1万円+α程度の価格はお財布に優しいし、電子トリガーでセミのキレも良い
  2. 集弾性はマルイ・スタンダードM4には敵わないけど、そんなに見劣りしない
  3. 性能の足らずは足で稼ぐ、というのが、上達への近道
 ということで、想像以上に良かったのが正直な感想。

 ただ、中華ガンは現地で突然死、というリスクが高いのも確か。
 なのでミッションクリティカルな状況では危ないかもね。
 つまりゲームで唯一のメインアーム、といった用途だと、現地でそれがダウンすると一日棒に振ってしまうってこと。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング