そもそも今回サバゲ復活のきっかけとなった弟のVSR-10 Pro-Sniper G-Specと89式。
 Gスペックはオープンサイトがないため使い物にならん。
 なので、ずっとスコープ選びをしていた。

 ようやっといい感じのスコープが選べたので早速購入した。
 今回購入したのは『ノーベルアームズ TAC ONE タックワン 12424IR ライフルスコープ 』だ。

 1万円台前半でこのクォリティのスコープがあるのは20年前では考えられんかった…

IMG_0888

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング

◆ 購入スコープの条件     
 今回、VSR10用(89式にも使う)スコープの条件は以下の通りだ。
  1. 低倍率側1~1.5倍ぐらいまで
  2. 高倍率側5倍ぐらいまで
  3. 対物レンズ口径がなるべく小さいモノ
  4. レティクルが見やすく明るいモノ
  5. あまり重くないもの(~500gぐらいまで)

 1と2に関しては今どきのサバゲは交戦距離が近いことが多いこと。

 そして、ライフルといえどもそんなに射程を取れないことによる。

 イマドキは昔と違いCQB戦が多く、相手との距離が近いことが多いのでダットサイト的な使い方もできた方が応用が利くと考えた。

 あと、現代はボルトアクションライフルといえども昔のようにパワーを上げられないので有効射程距離も短く、そんなに高倍率はいらんかな~と。


 3については、上の事情と同じで相手との距離が近い。

 昔はアタッカーの射程外から狙撃をできたけど、今はSMGもアサルトライフルもボルトアクションライフルもそんなに射程が変わらんので、位置がばれると容赦なくBB弾のツッコミを加えられるから、レンズ割れの危険があるので、それを少しでも防ぐ意味が大きい。


 でも、これについては後からちょっと悔しいことがあった…


 4はどんな光学サイトにも当てはまると思う。


 5はVSRが軽いので上に載るスコープが重いとバランスが悪いからだ。

 89式につけるのであれば少々重量があっても良いが、それでも軽いにこしたことはないと思う。

 ただ軽すぎると精度や剛性に問題が出る、というリスクはあるが…


◆ 最後まで競ったのは…     
 これらの条件で探した結果、ノーベルアームズ・タックワンと最後まで競ったのが某トップシューターおススメのホビーショップフロンティア・オリジナルスコープだ。

 このフロンティア・オリジナルの良いところはサイドフォーカスで10mぐらいからピントが合い、レンズも明るく、なのにとてもリーズナブルな点だ。

 ただ、次の2点でタックワンに軍配が上がった。
 それは重量対物口径
 これが自分の今回の条件に合わなかった。
 でも、次の1本にはぜひこれが欲しいと思っている。
 今回はVSRにつけることが前提で選定したが、89式やL96、M40A5などの重量級に乗せるのであればバランス的には気にならんと思うし、ウデをあげて十分距離を取れるようになったら的に接近されることも少ないと思うしね。

◆ ノーベルアームズ タックワン 12424IR   
 これは神戸・三宮のジョーシンで買った。
 ブリスターパックに入っててチープさを醸し出してるけど、特にそんなことは気にしない。
 どうせパッケージなんてすぐ捨てる。
IMG_0888

・説明書
 説明書もチープっちゃあチープ。
IMG_0889
IMG_0890

・スコープ本体(全体)
 上から見たところ。
 右が対物側で左が接岸側。
 この対物レンズが小径なところが気に入った。
 筒の真ん中にあるノブは上が電池ボックス、真ん中はエレベーションノブ(上下調節)、下がウィンテージノブ(左右調整)。
 筒の左側のセレーション上の部分がズームリング。
IMG_0892

 バトラーキャップが付属している。(対物・接眼とも)
 下の写真は接岸側。
IMG_0893

 フタの突起を指先ではじくと軽くフリップアップする。
 なかなか使い易そう。
IMG_0894

 接眼レンズ。
 グリーンコーティングがされている。
IMG_0895

・ズームリング
 ズームリングは数字の右側。
 左側はズームリングを回す時のサポートハンド用のようで動かない。
 銃にマウントした時は必要ない。
IMG_0896

・調整ノブ
 上にあるのがエレベーションノブ。
 手前にあるのがウィンテージノブ。
IMG_0897

 着弾を上にしたいときはエレベーションノブをUP側に回す。
IMG_0899
IMG_0903

 着弾を左にしたいときはウィンテージノブをL側に回す。
IMG_0898

・電池ボックス、輝度調整ダイアル
 ウィンテージノブの反対側は電池ボックス。
IMG_0900

 電池ボックス・キャップの下にレティクル輝度を調整するダイヤルがある。
 輝度は11段階。
IMG_0901
IMG_0902

・マウントリング
 マウントリングはノーベルアームズのミドルハイト(16㎜)をチョイス。
 VSRのストックはちょっと細身なので頬付けの時、高さがあるとサイティングがしにくい。
 フェイスガードがまだ定まってないけど、とりあえずスッピンで頬付けすることを優先した。
IMG_0887

 固定ネジは手で回せるタイプ。
 工具無しで着脱できるので便利。
IMG_0891
IMG_0907

 スコープ固定ネジはトルクスを使ってる。
IMG_0906

 一応トルクスレンチは附属している。
 ただ、レンチの精度はちょっとビミョー
 ネジ穴を舐めたくないのであればまともなトルクスレンチを用意した方が良いかもしれない。
IMG_0904
IMG_0905

◆ マイチェンでキルフラッシュが附属…( ;∀;) 
 で、冒頭で書いたちょっと悔しかったことってのはキルフラッシュ
 どうもこれを買う少し前にメーカーではマイチェンというかパッケージングを買えたようで、専用キルフラッシュがオマケで付くようになってたんよ。
 でもそのことを知らんオレはないのを買った。
 数日後、ジョーシンを覗いてみるときっちりキルフラッシュ付きの現行パッケージが全く同価格で展示されていた…orz(血涙)

 しかし、この失敗は後日行かされることになるのであった…( `ー´)ノ

◆ もう一つの落とし穴…     
 次回は実際にVSRに取り付けるところを書こうと思うが、ここでも落とし穴があった!

 その落とし穴とは何か?

 つづく

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング