サバゲの装備品としては比較的軽く見られがちだが、実際にゲームをしてみると意外と重要度が高く、トラブル発生が多いのがマグポーチだ。

 どうしてもみんな目先がまずエアガンに向く。
 ここは真剣に考える。
 当然予備マガジンも欲しくなるから何本か買う。
 最悪ポケットに入れてもいいけど、カラダに当たって痛かったりするのでマグポーチを買う。

 ここでだいたいの初心者はマグ本数と色(BDUコーデ)、価格などで決めたりすることが多いと思う。
 で、なんとなく選んで実戦配備するとこれがトラブルの連続!
IMG_3445

 マグの抜き差しがスムーズでなかったり、アタックをかけるときに落としたり。
 ゲームで最も無防備になる瞬間の筆頭にマグチェンジ時が挙げられる。

 ここでスムーズなマグチェンジ、トラブル防止にマグポーチ選びは欠かせないと思う。

 ゲームに勝てるかどうかはマグチェンジ次第!
と言っても過言ではない!

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング
◆ いろいろあるマグポーチ 
 エアガンショップに行くといろいろなマグポーチが売っている。
 ナイロン製のモノから最近はやりのCQBホルスターと同じような材質、デザイン物の等。

 自分の第1次サバゲ時代に使ってたものはほとんど処分してしまったのでもう一度買い直す必要がある。
IMG_2035
 唯一残っていたマグポーチがこのセンチミーターと並んで写ってるもの。
 これはこれで十分使えるのだが、M1911のようなシングルカラムのマガジンしか入らない。
 なのでダブルカラムが入るもの、あとシングルカラムの物も現在のMolleプラットフォームに合うものを探してみた。

◆ 樹脂製ポーチ 
 最初に買ったのが樹脂製のFastMag型ポーチ。
IMG_1101
 ラバーバンドでテンションをかけるもの。
 流行ってるのかわりとどこでも見かけるのできっと使い勝手が良いのだと思った。

IMG_1102
IMG_1103
 さすがに50連ロングマグははみ出しが多過ぎ使えそうにないが、グロックならぴったり入る
 HK45のマガジンもまあちゃんと入ったように見えたのだが、これがダメだった
 実際にゲームで使ってみるとHK45のマガジンがしょっちゅう落ちる。
 入れた時にはテンションがかかって落ちないのだが、走ったりしているうちに開いてしまいテンションがかからなくなる。
 ラウンドが終わってから落とし物としてマガジンを受け取りに行くことが何度が続いたため、不採用に。

 次はバイト・マグを導入してみようと思ったけど、ハンドガン用のバイト・マグはこのFastMagと同様にテンションで固定する(M4マグはツメで物理的に固定)とのことなのでFastMagとあまり変わりないかもということでとりあえず後回し。

◆ 偶然出会ったドHIT・マグポーチ 
 ホントならもう少しさまよった方がブログ的にはオイシイのかもしれないが、理想のマグポーチはいきなり現れた。

 正確な商品名がわからんのだが、グーグル先生に訊いてみるとTMC社からリリースされているコーデュラナイロン・シングルピストルマグポーチというのが似ている。
 今回買ったのはそれのダブル版のようだ。
 ネットではダブル版は見つけられなかった。


 なので適当に「ナイロンボックスマグポーチ」という適当な呼び名で話を進める。

IMG_3620
▲日本橋にあるSFBCさんでそれは見つかった。
 最初はカイデックス型のモノを探していた。
 その方がガッチリホールドできると思ってたから。

IMG_3445
▲でもこのマグポーチは基本的にはナイロン製。
 ただ、比較的硬い素材でボックス型なので、わりとしっかりしている。

IMG_3446
▲ウラはこんな感じでイマドキのMolleプラットフォーム。
 普通にベルトにつけても問題なし。

IMG_3447
▲内部には起毛の内装があり、マガジンの傷を防ぐとともに抜き差しの抵抗感も出している。
 そしてこの抵抗感が絶妙で、抜き差しはしにくくないのにフラップオープンのまま走ってもマガジンが落ちない。
 グロックやHK45、CZ75の重たいダブルカラムマガジンが全力で走っても簡単に抜け落ちない。

IMG_3448
▲自分はオープンで使うつもりで、その際にはフラップはベルクロで裏側に留める(写真手前)。
 フラップがベラベラしないのでジャマにならない。
 フラップを締めると奥のようになる。

IMG_3449
▲ちょっと小さめのエアコキCZのマガジンも問題なし。
 ちょっと小さいのでホールドのテンション感は薄めだが、その分マガジンが軽量なので無問題。

IMG_3450
▲エアコキCZのマガジンだとフラップはかなり余裕がある。
 写真を撮り忘れたが、大きめのHK45のマガジンも全く問題ない。

 サイドアームとしてハンドガンを持つのなら使用機会到来までフラップをして予期しない脱落を防いでも良いし、ハンドガン戦ならオープンのままで使うのがいいと思う。

 このナイロンボックスマグポーチの最大の利点は
素早くストレスのないマガジン着脱
 この1点に尽きると思う。
 その他には軽さぶつけても痛くないとかあるのだが…

 通常のソフトなナイロンポーチのヤなところは抜くときにポーチが引っかかりやすくしまうときに口が閉まっていれにくいところ。
 それを嫌う人が樹脂ポーチを使うと思うんだけど、樹脂ポーチはマガジンとの相性がシビア、という欠点がある。
 現にこれの前に買った樹脂ポーチ、グロックでは問題がなかったがHK45では脱落しやすかった。

◆ M1911用も購入 
 今回、このマグポーチがあまりに具合が良かったのでM1911用も追加購入。
 ホントは2個欲しかったのだが、人気があるので45口径用はすぐに売り切れてしまうらしい。
 なのでとりあえず1個だけ(泣)
IMG_4039
▲ホントはタンカラー辺りが欲しかったのだが、デジピクセル迷彩のモノしかなかった…

IMG_4040
▲WA(右)、マルイ(左)のどちらでもジャストフィット。

IMG_4041
▲エアコキM1911のマガジンも問題なし。

◆ アップサイドダウン運用も可能 
 基本的に開口部を上に向けてオープンで運用するのが通常ではあるが、開口部を下にしたアップサイド運用も可能だ。
 その際はフラップを使用する。
 一定のテンションがかかってるのでフラップを開けても不意にマガジンが脱落することはなく、スムーズにマガジンが取り出せる。

 自分の場合、通常運用の際はダンプポーチを持たず、使用済みマガジンをポーチに戻すが、アップサイド運用の場合はポーチにマガジンを戻すのに手間取りそうなので、ダンプポーチに入れる方が良いかもしれない。
 この辺は好き好きだ。

 エアコキも場合はマガジンが軽いから、アップサイドダウンでもオープンのままで運用できるかもしれないけどね。

◆ 安物買いの銭失い 
 たぶん、ハンドガンのマグポーチに関してはこれが自分の中では決定版。
 今のところこれ以上のモノは見つかっていない。(←ってか、もう探す気が無い)

 エアガンなどのある程度モノがわかってる物は通販でも問題ないと思うが、マグポーチのような装備品は実際に手に取ってみないとダメだなぁと実感する。

 たしかにこのポーチはナイロン素材のわりにちょっとお値段高め
 たしか3,500円前後だったと思う。
 でも、こういう装備品ってちょっとぐらい安くても使い物にならんかったらムダ銭になるだけやもんね。
 あとは耐久性の問題だが、構造上内装が摩耗していくかもしれないけど、それ以外はあまり壊れるところが無いように思う。
 壊れるとすればポーチ本体よりMolleのホックが壊れそうな気はするが、強度的にはここもコーデュラナイロン&ラージホックなので、一般的なMolleプラットフォームのモノとたぶん変わらんと思う。
 で、その部分なら壊れても修理も簡単だ。

 ってことで今回は特段オチ無しですんません。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

リロードの際にマガジンが自重で落下するのはありがたいですが、
マグポーチから自重で落下するのはありがたくないです。
ランキングの自重落下もありがたくないです(泣)
ランキングには落下を防ぐ良いマグポーチが無いのでぜひぽちっとお願いします!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング