前回、謎の弾速ダウンを起こしてしまったマルコキCZ75。
 →【エアガンレビュー】東京マルイ CZ75 1st エアコッキング(前編)
cz75_01
 前回載せ忘れていた初速データ。
 もともとは66~7m/s程度出ていたが、途中から50mを切るようになってしまった。

 何度か試射しても弾速が回復する兆候がないので分解点検してみることにした。
 結果から言うと内部破損していたのだが、自分の備忘録も兼ねて分解手順を書き留めておこう。

IMG_2845

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング


◆ トラブル体質 
 なんか知らんがわりとトラブルを呼び込む体質だ。
 絶対失敗しないようなテッパンな作業でもポカをしてリカバリーにかえって手間がかかったり。

 今回はホップアップの油飛ばしの試射で弾速が急激に落ちる、というトラブル。
 結果としてはメインスプリングガイドの破損なのだが、それまでに2~300発ぐらいしか撃っていない。

・破損の原因 ~推測
 そんなに早く破損するという原因を推測してみた。
  • もともと設計上壊れやすい
  • 最初から破損(もしくは破損直前:クラックなど)していた
  • 自分の操作が悪かった

 この中のどれかは最終的にはわからない。

 ただ、最後の「操作の悪さ」として考えられることにコッキングのしかたが思い当たる。


ED28D1A3-08FF-4007-8E79-8F6B4ACCFE21
 このCZ75は一般的なオートとはスライドとフレームのレールが逆で、スライドをフレームが覆う形だ。

 そのため、スライドをコッキングするときのセレーション部分がとても薄く、ここを持ってコッキングするのはちょっとやりづらい。

 なので自分はコッキングにスライドセレーションの部分を使わずにマズル下を手前に押し込む形でコッキングをしている。(両手がふさがるのでちゃんとした写真が撮れてなくてスマヌ…)

 なのでレールに対し若干ナナメに力が加わり、そのためにスプリングガイドにストレスがかかったかもしれないのだ。

 ただ、これについては補修後も同様の操作をしているが、その後同様のトラブルは起きていない。


◆ 分解手順 
1.グリップの取り外し
IMG_2810
 左のグリップスクリューを外す。マイナスドライバー。

IMG_2811
 後ろ側を持ち上げ、2カ所の爪を外すと左グリップが外れる。

IMG_2812
 右グリップは左のネジで共締めされてるのでそのまま外れる。
 こちらのグリップスクリューはダミー。

2.フレームスクリューの取り外し
IMG_2813
IMG_2814
 トリガーガード前部のネジとグリップのネジを外す。
 フレームのネジはこの2本だけ。

3.フレームの分割
IMG_2816
 ここから銃を3枚におろしていく(笑)わけだが、コレは実際力技
 でもうまくやらないと銃が傷だらけになる。
 オススメはマガジン挿入口の内側から精密ドライバー(マイナス)などでこじってスキマのとっかかりを作る方法。
 内側なら少々キズが入っても気にならない。
 ある程度広がってくれればなるべく薄くて幅の広い道具(自分は油絵用のパレットナイフを使った。一般的には100均のスクレイパーなどがいいと思う)

IMG_2815
 要所要所にピンが入っているので、そのキワから緩めていくとやりやすい。

IMG_2817
 左身ごろが外れた(笑)
 コレをはず時はそっとやらないとスプリングが飛び散るので注意!
 できればこのように写真を撮っておくと組み立ての時に役に立つ。

AD23593D-0681-43DE-AE45-F83A9EF203D4
 この2本のスプリングは特に厄介なので注意する。
 正確な名称は知らないが、左をトリガーリターンスプリング右をハンマーリターンスプリングと呼ぶことにする。

IMG_2819
 で、右フレームからそっと外すとスライド・セクションはそのまま外れる。

【機関部の写真集】
IMG_2820
IMG_2821
IMG_2822
 トリガー周りの各写真。
 こういうのをスマホで撮っておくと役立つよ。

IMG_2824
IMG_2825
IMG_2826
IMG_2827
 右側には面倒なスプリングはない。
 ただ、右のトリガーバーがすぐに外れるのでめんどくさい

4.ハンマーアッセンブリの取外し
 スプリングの飛び散りに注意しながらハンマーアッセンブリを外す。

IMG_2828
 このハンマーアッセンはメインスプリングでスライド後部に押し付けられて固定されてるだけなのでメインスプリングを押し込むようにして下にずらせば外れる。
 この時さっき言ったスプリングが飛んでしまいやすいので先にスプリングを外しておいた方がいいかも。

IMG_2829
 すでに右側のトリガーバーが外れているが、これは引っかかってるだけなので外れても問題ない。
 ここでトリガーリターンスプリングを飛ばさないようにトリガーバーから外す

IMG_2830
 トリガーリターンスプリングを外すとこちら側のトリガーバーも外れる。

IMG_2831
 すると無事ハンマーアッセンがスライドから外れる。

5.機関部の分解
 ※ ここからの分解は今回のトラブルとは無関係です。
 
cz75_02
 次にメインスプリングを外す。

cz75_03
 するとビスが見えるので外すと

IMG_2836
 機関部がまるごとスライドから外れる。

IMG_2837
IMG_2838
 バレルアッセンからピストン部分を外す。
 ハマってるだけなのですぐ外れる。

IMG_2839
IMG_2840
 グレーの部品がピストンなので抜く。
 ピストンの白い部分がパッキン。
 シリンダーとピストンにはシリコングリスと思わしきグリスが塗られているのでとりあえず洗浄。

IMG_2841
IMG_2842
IMG_2843
 チェンバーカバーの裾を広げながらアウターバレルから外す。

◆ トラブルの原因 
 もう最初に結論を書いているがこのトラブルはハンマーアッセンブリを分解した時点で判明している。
 メインスプリングガイドの根元(写真矢印)が折れていたのだ。
IMG_2846-1
 ここの材質は軟質樹脂(PP樹脂っぽい)なので接着剤もあまり利かないし、たぶん接着してもまたすぐ剥離しそう。
 販売店にその旨を伝えると一旦は「分解した場合は保証対象外」と言われた(まあそりゃそうだ)んですが、もう一度組み直してることを伝えたら「これをメーカー送りにして代替品を出す。現在在庫がないので入荷したらそれを渡す」ということで約1週間後、交換してもらった。
 もともと保証外なのは納得していたのでゴネてないよ。
 部品を注文できるかどうかを訊こうと思っただけ。
 でも最終的に交換対応となった。
 ジョーⓈンの店員さん、ありがとう!

◆ 分解・組立ての感想 
・フレームの分解がネック
 エアコキCZはディテールはカッコよく、命中精度も高いので銃としてのパフォーマンスはとても高い。
 が、分解するとなると実銃の特徴的な構造がアダになったのか、ちょっと面倒。
 通常、トリガー機構はフレーム側にあるのだが、CZは機関部と一体となってるのでフレームを割らないとスライド部が外せない
 これがフィールドスリップできるUSPやM1911だととても簡単で、機関部へのアクセスもしやすい。
 しかもフレームの左右固定は金属ピンに頼っているので何度も分解組立を重ねると結合が甘くなってくることも予想できる。

8B5B48A2-A966-435F-862B-FD55B79CFC9D
 実際、自分のCZは何度か繰り返してるうちにトリガーガードあたりは隙間が目立つようになってきた。
 内部機関にアクセスするにはどうしてもフレームを割る必要があるのでパテ埋めなどの処理もできない。

◆ まとめ 
【良いところ】
  1. 実売3000円以下とは思えない高い商品力
  2. 真鍮バレルによる高い命中性とホップアップによる飛距離
  3. 一体式スライドによるリアルな外観
  4. リアルなフルサイズマガジン

【悪いところ】
  1. コッキングしづらいスライド
  2. 面倒な分解手順
  3. 調整の利かないホップアップ
  4. 適応BB弾が0.25gなのは使いづらい 
 分解についてはネガが多い銃だが、分解はメーカー推奨ではないので一般的には問題にならないと思う。
 それよりも値段の割にリアルな外観と高い命中精度はさすがマルイだと思う。
 マルコキファンが多いのもうなずける。

ED2CFBEE-3EA4-4291-8DEB-710C6D4D2D16
FC9E578D-CB12-41A6-893C-C797B2F96472

 ただCZ75は実用上、コッキングがしづらいという形状上のネガを抱えているので、自分のようなCZフリーク以外の人は他のモデルを選んだほうがいいかもしれない。
 でも、CZフリークなら選んで間違いのない銃だ。
 コッキングのネガはスライド前部を使いことで解決する(スプリングガイド折れの原因の疑いは残っているが…)。
 むしろここを使ってコッキングするとショットガンのポンプアクションのようにエイムを外さずコッキングできるので速射性が高まる気がする。
 逆にこのコッキング方法はリコイルスプリングガイドが露出するM1911や、フルレングス・レールのUSPではできないのでアドバンテージになるとも言える。

 今後の課題はもう少し気密をあげたいのと、コッキングを軽くすること。
 飛距離や初速についてはもう十分なので使い勝手を上げる方向でカスタムを考えたい。
 ただ、試行錯誤をするにはこの構造上の分解の面倒さが足を引っ張ってるので、USPかM1911で方向性を出してからやっていこうと思う。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

今後のカスタムのモチベーションの

自重落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング