前回前々回と18禁エアコキCZ75 1stレビューをしたが、そのあとに買ったのはこの10禁のCZ75

 というのも18禁のエアコキは総じてコッキングが重い
 狭いインドアで使うのならここまで強いものでなくてもいいのではないか?というコトで、一度10禁も試しておこうと思い購入。
 実売価格2000円弱。
 18禁でさえコスパの高いマルコキだけど、10禁はさらに低価格。
 小中学生のお小遣いでも買えるようにとの配慮なのだろうけど、実際その年代にとって2000円のオモチャは安くない気がする。
 でも、実際にエアガンを見てみるとよくがんばってると思うヨ。

IMG_3296

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング

◆ 10禁エアコキの可能性 
 VSR-10などのライフルクラスになるとシリンダ容量が大きいのでそんなにスプリングを強くしなくても十分な発射エア量を確保できるけど、ハンドガンの場合はシリンダの容量に限界があるためピストン速度を上げる=エア速度を上げることで初速を稼いでいる。
 そのため強めのスプリングを使う必要があり、これがコッキングの重さの主原因となっている。

 ただ、この重めのコッキングはある程度の腕力(というより握力と指の力)と時間を要する。
 すなわち速射性が犠牲になっている。
 射程が取れるアウトドアフィールドなら射程距離とパワーが必要だが、近距離の撃ち合いが主体になるようなインドアではパワーより速射性の方を重視した方が有利だったりする。

 なので敢えて10禁やギンダンを使う人もいるし、リボルバーやデリンジャーを使う猛者もいるらしい。

 実際、CZの場合は構造上コッキングがしづらいというネガもあるし、10禁を試してみる価値はあるということで買ってみた。
 別の形式でも良かったのだが、同じ銃の方が比較がしやすいと思いCZにした。
 比較については後日することにする。
IMG_3295

◆ 箱出しレビュー 
・外観
IMG_3297
 18禁と違い銃そのものがシースルーで見えるパッケージが現在の10禁マルコキの特徴。
 10禁マルコキは基本的な部分は18禁と同じなので一定の効果があると思う。
 これほど出来が良いならお小遣いをはたく理由になる。

 内容は銃本体、マガジン、試射用BB弾(0.12g)。
 試射用ターゲットが付いていたかどうかは憶えてません(スマソ)

IMG_3304
 あとで18禁と比較するときに見分けやすいようにシールは貼ったままです。
 どちらも簡単にはがせます。

 外観に関してはボディの塗装以外はほぼ18禁と同じです。
 18禁よりも若干光沢があり、プラの地肌っぽく見えるので、コストダウンのために塗装を省略しているのかもしれません。
 主要パーツも共用のようで、シリアルナンバーらしき刻印の番号も18禁と同じ「19951」です。

 あと、インナーバレルは18禁は真鍮バレルですが、10禁はコストダウンでアルミバレル
 威力自体は18禁より弱いのでアルミでもさほど耐久性に影響はないのかもしれないが、

・スペック
 全長206mm
 本体重量は234g
 18禁は277g(+43g)。
IMG_3300
 マガジン重量は83g
 18禁は132gあったので50gほど軽いですね。

IMG_3310
 トータル重量318g
 18禁は408g(+90g)でした。

IMG_3312
 マガジンのガワは共通なので10禁ボディに18禁マグを挿してみました。
 予備マグは18禁用を2本持っているので、マガジンは18禁を主体に運用する方が良さそうです。

◆ 実射レビュー 
 18禁の後に撃つとそのコッキングの軽さに感動する。
 これぐらいなら大人なら全く問題なくコッキング可能。
 速射性も高い。
 10禁なら普通にスライドのセレーションを使ったコッキングも楽だ。

 あと、メインスプリングのバネレートが低いせいもあり、樹脂トリガー、トリガーバーでも動きがなめらかなのでトリガーフィーリングは10禁の方が良い。
 ただ、メカニズムが18禁と共用しているせいか、ゆっくりトリガーを引き絞るとギミックのハンマーとシアが外れるタイミングがずれて二段引きのようになることがある。
 この辺が少々萎えポイント。

【10禁トリガープル】


【18禁トリガープル】


・初速(0.2g)
003
 初速はまずは0.2gで計測。
 だいたい30~31m/s・0.095Jと10禁規制値の0.135ジュール以内。

・初速(0.12g)
001
 次にメーカー指定の0.12gを使って計測。
 44~46m/s・0.119~0.127Jと0.2gよりジュール値が上昇。それでも10禁範囲内。

・初速(0.25g)
005
 試しに0.25g弾でも撃ってみた。
 さすがにこっちでは25~6m/s・0.083Jの初速に落ちるので、肉眼でも簡単に弾が追える程度になる。
 この弾速だと撃ってからでも避けられるな…

006
 ちなみに18禁CZで指定の0.25gを撃つと50m/s前後の初速なので、指定BB弾での初速だけを見れば10禁でも全く18禁に遜色がない
 至近距離では撃たれた側の痛みが少ないから躊躇なく撃てる分、10禁の方が有利かもしれない。

・グルーピング
IMG_0743
 グルーピングは都合でマルイの0.2gプラ弾を使用。
 5mからだいたい「A」の文字辺りを狙点に撃った。
 本来0.12gが標準なので少しドロップ気味だけどわりといい感じに集弾してると思う。

IMG_0742
 これは「A」の黒部分の上の赤い「✖」を狙点にして撃ってみたもの。
 ちょっと慣れたせいかこれは左右のブレも無くかなり良い集弾。

◆ まとめ 
 今回は簡単だけど、18禁との比較の時にもう少し詳しくします。

【良いところ】
  1. 実売価格2000円足らずとは思えない外観の出来栄え
  2. 18禁に比べて軽いコッキング
  3. 威力こそは小さいが高い集弾性
【悪いところ】
  1. ゆっくりトリガーを引くと二段引きのようになるメカニズム
  2. 18禁と比較してコストダウンが目立つ

 でゎでゎ


最後まで読んでくれてありがとう!

でもランキングも自重で落下します(泣)

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング