東京マルイのエアコキは10禁と18禁がある。
 10禁にしかないモデル(ワルサーP38など)はあるけど、18禁にあるものはだいたい10禁にもある(だったと思う)。

 今回は10禁18禁がどの程度違うのかをCZ75 1stで比較してみたいと思う。
 似たようなレビューは他所でもあると思うけど、自分は想像力が貧困なので実際にやってみないとよくわからんのですよ。
IMG_3295

 18歳以上やから10禁エアコキなんて使わん!って人も多いと思いますが、興味があればお付き合いください。

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング

◆ 外観比較 
・左側
IMG_3305
 写真では伝わりにくいかもしれないが、18禁の方が反射が抑えられていて、マット感が強い。
 一方、10禁の表面はプラの地肌のように見える。

・右側
IMG_3307-1
 こちら側の方が若干表面の違いが分かりやすく写ってる気がする。
 グリップの仕上げはどちらも同じに見える。

IMG_3388-1
 グリップを外してグリップ下を見るとその仕上げの違いがよくわかる。
 表面仕上げ以外はほとんど同じに見える。

・フレーム下部
IMG_3389-1
 この写真だと表面の状態がわかりやすい。
 モナカのすき間が10禁の方がハッキリ見えるのは光の加減だが、表面処理の影響も大きそうだ。
・スライド上部
IMG_3391-1
 フロントサイト周りの反射具合を見ると仕上げの違いがよくわかる。

IMG_3392-1
 リアサイト前にパーツのゲート跡があるのはどちらも同じ。
 ただ10禁の方が目立つ印象。

◆ 分解比較 
・本体
 外観の違いはほぼ表面仕上げだということがわかったところで分解して中身を比較しよう。
IMG_3393
 分解方法は18禁と全く同じなのでそちらの記事を参照して欲しい。
IMG_3394
 10禁を開きにした状態。

IMG_2817
 こちらは18禁。

IMG_3396
IMG_3404-1
 一番の違いはこのドライバーの先のウェイトがオミットされていること。
 これ単体の重さを測るのを忘れたが本体重量30gの差はほぼこのウェイトの差と思われる。
001

・マガジン
IMG_3413-1
 マガジンをバラしてみるとこちらも10禁の方が1個ウェイトが少ない
 こちらは銃本体で省略されているウェイトより大きいので50gの差はここだと思う。
 ちなみに予備マグは10禁700円、18禁800円なのでこのウェイト1個で100円差ということになる。
 これ1個が100円というのはちと高い気もするが…(´・ω・`)

・機関部
 では機関部の分解をしていこう。
 
IMG_3397
 機関部の外観上18禁と変わりがない。

IMG_3398
 リコイルスプリング後ろのウェイトも18禁と同じもの。
 リコイルスプリングも違いはないように見える。

IMG_3407-1
 機関部のメインスプリングをしたからのぞいたところ。
 この写真でもメインスプリングの違いが分かる。

・メインスプリング
IMG_3408-1
 メインスプリングを取り出してみた。
 明らかに18禁のスプリングの線径の方が太い

IMG_3409-1
 自由長は約5ミリほど10禁の方が短い。
 ただこれは圧縮されていたものを取り出したので未使用時の自由長とは違うとは思う。
 10禁のスプリングはコッキングフリーの状態ではピストンの中で若干遊んでた状態。
 一方、18禁のスプリングはコッキングしてない状態でも圧縮がかかっていたので未使用時の自由長は18禁の方が長い蓋然性が高い。

・バレル
 今回、10禁のバレルは分解していない。
IMG_2843
 というのもエアコキCZは構造上アウターバレルにインナーバレルが密封されていて、インナーバレルを外そうと思うと接着されているマズル部分を外さなければならない。
 インナーバレルを交換するならそこをバラすのだが、別に交換しないならここはバラさない方が良い。
 ちなみにマズルからのぞけば18禁は真鍮バレル、10禁はアルミバレルなのがわかる。(写真は撮ってない。スマソ)

◆ 基本構成は同じ 
 マルコキの10禁と18禁の同型式銃はおそらく基本構成、部品はほぼ同じだ。
 例外としてM1911のように10禁と18禁とでバージョン違い(10禁は割り箸マガジン、18禁はフルサイズ)のモノもあるが、あとはだいたい同じだ。
 大きく違うのは次の点。
  1. メインスプリング
  2. バレル
  3. 外観塗装

1.メインスプリング

 10禁のディチューンは主にメインスプリングで行っているようだ。

線径 外径 内径 自由長
18禁 1.2mm 12.2mm 9.8mm 65mm
10禁 0.8mm 11.4mm 9.8mm 60mm
 数値は実測値。
 本来、内径に線径を足せば外径になるはずなのだが若干の誤差が出ている。
 構造上重要なのは線径と内径。
 内径が細いとスプリングガイドに詰まってしまい組めないし、仮にムリヤリ組んでも動作しない。

 次に重要なのは外径で線径1.2mmならこれ以上の外径になることはないと思うが、これ以上の外径になってしまうと今度はシリンダの中に納まらない。
 マルコキのパワーアップパーツとして有名な漢バネはたぶんこの線径、内径、外径でギリギリのところをせめて、巻き数や自由長で調整をかけてるものと思われる。

◆ 10禁の今後のモディファイ 
 とりあえず自分は18歳未満ではないので(笑)初速は法律規定値に収まればよい。
 その中で極力コッキングを軽くするためにはやはりメインスプリングの交換が有力なのだが、18禁並みの威力はいらない。
 限りなく10禁に近いコッキングでそこそこの初速を出すモディファイを考えている。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

銃の分解は気を付けないとパーツが自重で落下します(泣)

落下した時のために分解途中の写真撮影は必須です

そしてブログを読んだ後のぽちっも必須<(_ _)>なのでぜひお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング