だんだん食傷気味かもしれないが、またしてもレビューである。
 他のネタやゲームのことも書きたいのだが、仕事や家族の関係でゲームになかなか行けてないので勘弁してね。

 で、今回のレビューはKJ-Works GLOCK19である。
 この銃は去年の秋に購入し他のだが、なぜかレビュー用の写真を撮っておらず、データ撮りもしてこなかった。
 初動で動き損ねるとこうなる、って感じなんだが、今回M&P9Lのデータ撮りをしてる最中に思い出した。
 というわけで、購入は新品なのだが、もうけっこう撃った後の個体でのデータであることを差し引いて読んでおくんなまし。
IMG_0314

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング


◆ ちょうどイイG19! 
 グロック17は良い銃だ。
 それが証拠に各国の警察、特殊部隊、軍隊などで多数採用されてるし、民間需要も多いらしい。
 暗黒時代、MGCから発売になったガスブローバックのグロック17も持っていた。

 MGCのグロック17は引っ越しか結婚の際に処分してしまったが、復帰するにあたりグロック18Cを買ったが、自分としてはもう少し小さい方が好みだ。
 でもマルイがリリース予定しているG19は長らくグレーのモックアップのままで一向に発売する気配がない。
 かといってグロック26はちょっと小さすぎて汎用性が薄い(←買ったけど…→記事参照『【エアガンレビュー】東京マルイ GLOCK26 GBB』

 そう思ってたらタムタムにKJワークス製のG19が並んでた。
 実売税込8,000円と11,000円のものが。
 8,000円の方はスライドの刻印がない物、11,000円の方はリアル刻印のもの。
 リアル刻印のものにも心が動いたけど、こいつはゲームのサイドアーム用と割り切って刻印なにのものにした。

◆ 箱出しレビュー 
IMG_0312
 箱はなかなかカッチョイイ。
 左隅の『GLOCK19』のロゴ部分はなぜかステッカーになってる。
 本国表記の箱ならわからんでもないが、これはちゃんと日本語表記。
 おそらく『HEAVY WEIGHT』表記を追加したか、『GLOCK19』の名称が使えなかった時の箱を流用したか…

IMG_0313
 きわめて簡素な内装は昭和感が漂う。
 マルイのエアコキのようなパッケージングだが、パッケージが簡素になって値段が安くなるならその方が良い、というのが自分の考え。

・外観【左側】
IMG_0315
 ロゴの刻印が省略されてるからホンマにシンプルな外観。
 スライドだけでなくグリップ部分の刻印もパイパン状態!(あ、白じゃなく黒か)

・トリガー周り
IMG_0316
 KJワークスG19の内部はマルイ・G26のコピーだ。
 余談だが、WEからもG19が出てるが、アレはG17をコピーして長さをぶった切っている。
 なのでスライドリリースレバーの位置が実銃よりかなり前にあるそうだ。

 ちなみにG26コピーなのでコッキングインジケータは再現されていない(G17をコピーしたWEもそうだけど…)。

 スライドストップにすんなり親指が届くのがグロックシリーズの良いところ。
 グリップはちょっと角ばってて握りにくそうなんやけど、なぜかホールド性は良い。

・外観【右側】
IMG_0317
 右側も刻印がないから当然さっぱりしている。

IMG_0318
 エキストラクタも当然モールド表現で特に目新しさはない。
IMG_0319
 グリップのロゴもない。
 潔し!

・マガジン
IMG_0278
 マガジンは21Roundの表示があるが実際には18発しか入らない。
 理由はこのBB弾のすき間。
 BB弾収納スペースの幅が足らず、ダブルカラムの隙間が空いてしまっているので、長さ的には21発入るかもしれないが、実際には入らんということだ。

◆ 実射レビュー 
 この銃については「やっぱり中華銃」とか「箱出しダメダメ」などと書かれてるサイトも見かけるが、自分の個体は特段問題ない
 細かく見れば言いたいこともいくつかあるが、とりあえず使ってみてから改善しようとしてたらなんもせんまま半年経過。
 十分こなれていい感じに育ってきたような気がする。

・弾速チェック
 KJワークスについては過去にいろいろあったのか、この銃のことを話すと弾速やメタルスライドのことをよく訊かれる。
 自分の銃はHW樹脂スライドだし、メタルスライドだったら買ってない。(イホウダカラネ…)

dansoku_01
01
 マガジンの表面温度は開始時は23.7度、終了時は23度だった。

KJW G19

  偏差 二乗偏差 温度
1 74 2.837 8.048569 23.7
2 72.59 1.427 2.036329  
3 71.83 0.667 0.444889  
4 71.45 0.287 0.082369  
5 70.32 -0.843 0.710649  
6 70.75 -0.413 0.170569  
7 71.01 -0.153 0.023409  
8 70.32 -0.843 0.710649  
9 70.2 -0.963 0.927369  
10 69.16 -2.003 4.012009 23
合計 711.63   17.16681 -0.7
平均 71.163      
分散 1.716681   1.717  
標準偏差 1.31022   1.310222  

 実際に普通に撃つだけならマルイのグロックとあんまり違いを感じないが、実際にデータを数値化するとけっこう違いが分かる。

名称 GLOCK26 G18C GBB G19
平均初速 62.9 69.466 71.163
分散 0.87086 0.574104 1.716681
標準偏差 0.933199 0.757697 1.310222
 平均初速はG18を上回って良い数字を出してるが、初速のバラつきを示す標準偏差はかなり悪い。
 マガジンサイズが小さいG26よりもバラつく結果だ。
 この辺はマガジンだけでなくチャンバーパッキンに原因がありそうなので、一度交換してもう一度データ取りをしてみようと思う。
 また、このG19にはマルイのマガジンが小加工で入るようにできるのでマルイのマガジンでも試してみようと思う。

・グルーピング・チェック
BlogPaint
 グルーピングをチェックした。
 本チャンターゲットを撃つ前に試射するとかなり下の方に着弾するため、中心より上に狙点(赤✖)を置いて5発試射(赤丸)、着弾チェック後もう5発(青丸)を撃ってみた。
 2度目は気持ち上目に狙点をとった。

◆ まとめ
 サイトのクセはともかく、集弾性は良いと思う。
 自分としては下への着弾はちょっと扱いづらいがまあ何とか修正できるレベル。
 実際ゲームで連射する場合はだんだん着弾が上に行くからこれはこれで実用的かもしれない。

【良いところ】

  1. 実売8,000円のガスブロでこの性能は上場
  2. マルイのコピーなのでパーツの流用もしやすい
  3. ヘビーウェイト樹脂は銃全体のバランス的にはオッケー

【悪いところ】

  1. コッキングインジケータを再現して欲しかった
  2. やはり無刻印は味気ない(なら刻印付を買えばいいんやけどね)
  3. サイティングにクセがありすぎる
  4. 設計上の問題で21発入らないのは✖
  5. マガジンが入手しづらい

 自分としては予備マグが入手しづらいのがゲームで使うときの難だが、しばらくはマルイ・グロックのマガジンで凌いで(ちょっとはみ出るけど)、マルイのG19が出た時にそれを買おうかと思ってる。


 でも、G19のバランスが気にいってるんだよね~

 悩ましい…

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

マルイもうかうかしてると自重で業界トップから落下します(泣)

このブログのランキングも落下を防ぐためにぜひぽちっとしてもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング