本来はもっとゲームの記事を書きたいのだが、一身上の理由でなかなかゲームに行けない。
 なのでこのブログはまるでエアガンレビューブログのようになってしまっているが、そうそう新しいエアガンを買い続けるのは財力がもたんし、Mac堺さんのようにフロンティアの山中社長のようなパトロンもいない…

 ということで今回はM6906に引き続いて暗黒時代のエアガンを紹介しようと思う。
 で、今回暗黒倉庫から登場願うのはMGC センチミーターマスター。
 今手に入らんもんをレビューしてどうすんだ!って声も聞こえてきそうだが、まあかつてこういうエアガンもあったんだ、って歴史を知る的な気持ちでごゆるりとお読みください。

IMG_2035

ランキングに参加しています
ランキングも自重で落下します(泣)
落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

にほんブログ村


サバイバルゲームランキング



◆ 当時数少ないメジャーなシューティングモデル 
 今でこそいろいろなシューティングマッチ用のハンドガンがモデルアップされているが、暗黒時代、自分が認識してたシューティングマッチガンといえばこのセンチミーターマスターとコルト・ウッズマン・マッチターゲットくらいしか記憶にない。
 しかも当時のウッズマンはエアガンではなくモデルガンだった(のちにガスガンが発売されたらしい)。

IMG_2037
IMG_2038
IMG_2036
 当時、ベトナム装備で固めてた自分だが、当時ぼちぼちGUN誌などでダットサイトが紹介され始めたせいもあり、シューティング仕様のカスタムモデルも出始めてた。
 その中でも45口径をシューティング用に10ミリに口径を下げ、コンペンセイター、アンビ・サムセーフティ、大型マガジンバンパーを装備したセンチミーター・マスターはそのカッコ良さで一線を画していた。
※最近は「センチメーター・マスター」と呼ばれているけど、当時は「センチミーター・マスター」と発音されていたので、今回紹介するモデルはそう呼ぶことにする。

・グリップ
IMG_4536
 グリップはパックマイヤーのラバーグリップが入ってる。
 記憶がイマイチ定かでないけど確かこのグリップは後からインストールした実物だったと思う。

◆ 固定スライド時代ならではの機構 
 当時の基本は固定スライド。
 なので実射性能で苦しいのはダブルアクションを強いられるトリガープル。
 スピードシューティングではこれのやっつけかたが重要なポイント。

IMG_0870
 この時MGCが考案したのはスタンバイ状態がコッキング状態になっている、というもの。


 この動画のようにはスタンバイポジションをコッキング状態にして、トリガーを引くとシアが外れて激発。
 トリガーを戻すとまたコッキング状態に戻る、というルーティーンで速射性を出そうとした。
 確かに当時のDAオンリー状態の固定スライドの銃としてはトリガープルは軽かった。
 今のガスブロのシングルアクションとは比べるべくもないけど…

 ただ、ブローバックアクションを待たなくていいことと、マズルジャンプがないことなどを考えるとブローバックが遅い銃よりは速射性が良いかもしれない。

◆ とりあえず分解 
 なじみのないモデルなのでとりあえず分解してみる。

IMG_4537
 固定スライドだけどM6906とは違いブローバックモデルのようにスライドストップを外すことから始まる。

IMG_4538
 コンペンセイターを固定しているボルトを外す。

IMG_4539
 なんと!
 その奥にさらにプラスネジが!

IMG_4540
 こいつを外すとコンペンセイターの樹脂カバーとその中の金属ウェイトが外れる。

IMG_4541
 そうするとスライドも外れる。
 黒いインナーバレルは当時のエチゴヤのテフロンバレル。

IMG_4542
 バレルの根元に入っている白いチェンバーパッキンもカスタムパーツだったが、BB弾の滑りをよくするためのパーツだったと思う。
 当時のチューニングのトレンドはとにかくフリクションを低減してパワー(初速)を上げるのが主流だった。

IMG_4543
IMG_4544
 今のガスブロとはチューンの方向性がだいぶ違う。
 まず、ホップアップがまだ一般化していない。
 なのでとりあえずパワー(初速)を上げることに重きが置かれていた。

◆ 実射レビュー 
・初速
 とりあえずノーマルマガジンで初速を計ってみた。
cm-M Nomal

  初速 偏差 二乗偏差
1 64.41 0.124 0.015376
2 64.35 0.064 0.004096
3 62.89 -1.4 1.948816
4 63.52 -0.77 0.586756
5 66.26 1.974 3.896676
合計 321.43   6.45172
平均 64.286    
分散 1.290344   1.290344
標準偏差 1.135933  

 次にカスタムマガジンのデータ
03
cm-M Custtom


  初速 偏差 二乗偏差
1 68.99 -3.66 13.424896
2 77.65 4.996 24.960016
3 71.65 -1 1.008016
4 73.46 0.806 0.649636
5 71.52 -1.13 1.285956
合計 363.27   41.32852
平均 72.654    
分散 8.265704   8.265704
標準偏差 2.875014   2.8750137

 カスタムマガジンはガスタンクが真鍮製でノーマルに比べて熱伝導率が良く、ガスタンクも大容量化しているのでパワーも安定性も良いとのふれこみだったがイマイチデータが良くない。
 このデータを取ったのはまだ寒い時期(1月)だったので暖かくなった夏場のもう一度データを取りたい。

・ターゲット・シューティング
 肝心のターゲットシューティングだが、実際に試射したんやけどその時のデータが残っていないので、初速を含めて後日もう一度データ取りをしたいと思う。

 でゎでゎ

最後まで読んでくれてありがとう!

古い銃でも意外と高性能だったりします

現代の銃が絶対的に優れていると思っていると自重で落下します(泣)

ランキングもおごれば落下します

落下を防ぐためにもぜひぽちっとお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村 

サバイバルゲームランキング